• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

期限の利益の喪失って何ですか?

住宅ローンを3ヶ月滞納しています。銀行から郵便が届きました。
法的手続きと書かれていたのは競売のことと理解できましたが、期限の利益の喪失により、と書かれています。期限の利益の喪失とは何なのでしょうか?

ちなみに、固定資産税も2年くらい払っていません。

東京都青梅市/M・Jさん(男性)

回答日:2015年2月6日

期限の利益の喪失、確かに聞きなれない言葉ですよね。

 

まず、「期限の利益」とは何か、というところからお話します。住宅ローンの場合、通常、30年とか35年の長期で返済するケースがほとんどです。ローンの契約者は銀行と「毎月、決められた額を決められた期日に支払う」という契約を交わしています。つまり、ローン契約者は住宅ローンを分割して支払う権利を持っているということです。

よって、「期限の利益の喪失」というのは、分割して支払う権利を失うということです。では、どういった場合に期限の利益を喪失するかというと、分割して支払うべき住宅ローンの返済を滞った場合や自己破産を行った場合などです。期限の利益を喪失すると、住宅ローンの残りを一括で返済すること、加えて、年14.6%もの遅延損害金を課せられます。



ちなみに、固定資産税も滞納されているとありましたが、税金の滞納も最大14.6%の延滞税がかかります。税金の滞納は、自己破産をしようと支払いを免れることはありません。悪質な滞納者ととられないように、早急に役所へ連絡をしましょう。

 

どのような段取りで対処していくべきか、など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top