• 全日本任意売却支援協会トップ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

解決済みQ&A 住宅ローンQ&A お悩み広場

管理費の滞納が高額です。自宅を売却するにはどうしたらいいですか?

 

兄のことで相談させてください。

 

兄は独身で、大阪市内にワンルームマンションを購入しました。ですが、2年半前にうつ病を発症し、長期休暇を取りながら療養していました。それでも症状は良くならず本人の意思で会社も退職しました。
先日、様子を見に行くと1年半前からは管理費・修繕積立金・駐車場代を滞納していることが分かりました。金額としては50万円程度です。管理組合から書類が届いていて、その中には競売についても書かれていました。(兄は管理組合の連絡や訪問にも応じていないと言っていました。。)
貯金も底をついたのか、住宅ローンも先月から滞納しています。

 

今後のことを考えると売却しか方法はないと思っています。何から対処していけば良いですか?

 

マンションのローン 残額960万円
管理費などの滞納金 約50万

ちなみに同じマンションの別の階では、920万円で売り出されていました。

大阪市東淀川区/Oさん

回答日:2017年5月12日

お兄様のこと、ご家族も心配な状況ですね。
まず、状況を整理します。

 

住宅ローンの残額  960万円
管理費などの滞納   50万円
売却した場合の価格 920万円程度

 

その他、固定資産税の滞納などはないでしょうか?
現時点でも、90万円ほどのマイナスがありますので、通常の売却をする場合は90万円の持ち出し費用が発生します。加えて、売却時の諸費用として45万円ほど必要になります。

 

上記の方法が厳しい場合、選択肢として競売か任意売却があります。任意売却は競売に比べるとメリットが多い方法です。例えば、

 

1.競売と比べて高い金額で売却でき、残債務(住宅ローンの残り)を減らせる(残債務の返済方法も金融機関と相談できる)
2.管理費などの滞納分を清算できる
3.税金の滞納分を清算できる
4.引っ越し費用をねん出できる

 

などです。
これで滞納していた管理費などは綺麗に支払い終えますね。

 

一方、競売のメリットとしては、「何もしなくても勝手に処分してくれる」という点くらいでしょうか。また、次のようなケースでは被害が少なくて済みます。

 

・税金の滞納がない
・引っ越し費用は不要
・なるべく手間をかけたくない
・残債務の返済も問題ない(自己破産をする)
・連帯保証人がいない

 

このようなケースでは、競売を選択されても悪くはないですが、よりメリットの多い任意売却をおすすめします。

 

現在のお兄様の状況やマンションの状況によっても選択すべき方法は異なりますが、ほとんどの場合、任意売却をすることで問題を清算したうえ再スタートできると言えるでしょう。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

任意売却用語集

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top