• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

■山形県の解決事例

事例紹介

開札日ギリギリで任意売却に成功。住み続けられることに。


山形県米沢市/津山 雅史(男性・仮名)/71

71歳の津山さんは自営業で建設業を営んできました。地元密着で沢山の仕事をこなし、一時期はとても順調でした。しかし、次第に景気の悪化から受注も減り、とうとう会社を存続させることも出来なくなりました。
運転資金調達のために、担保にしていた自宅兼事務所は競売にかけられ、何とか自宅を守ろうと地元の不動産屋に相談に行きました。ところが、地元の不動産屋は任意売却の経験が浅く、競売中のご自宅をどうすれば守れるか分からなかったそうです。
困惑した津山さんはインターネットで当協会のことを知り、わらにもすがる思いで電話したそうです。
相談時には入札まであと1ヶ月の時間しかなく、とにかく早く進めることが必要でした。
金融機関との粘り強い話し合いの結果、何とか妥当な金額での応諾を了承いただき、すぐに買主を探しました。
結果、親戚の方が金額も妥当なことから援助してくれることになり、その方へ任意売却を成功させることができました。
そして、何とその引渡し日は開札日のわずか2日前でした。津山さん親子はその親戚の方から家を賃貸して、今まで通り自宅に住むことができました。
引渡しの日、皆に今までの苦労を語る津山さんがとても嬉しそうでした。


■ 相談員より ■

残念ながら不動産業者であっても「任意売却はよく知らない」という事も多々あるようです。そのまま時間が経過してしまう前に当協会にご相談頂いたことが、大きなポイントでした。残り1ヶ月での解決・・・あと少し相談が遅かったら、結果は違っていたのかもしれません。無事に解決され、津山さんが本当に喜んでくださって、こちらも嬉しい気持ちになりました。これからもお元気で頑張ってくださいね。

津山さんと同じような状況の方は諦める前にぜひご相談ください

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top