• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

■徳島県の解決事例

事例紹介

脳梗塞に倒れ、ローンの返済が困難に・・・


徳島県徳島市/福井祐一さん(仮名・男性)

徳島市在住の福井さんは、奥さんと、お子さん2人の4人暮らし。電気工事関係のお仕事を自営でしていましたが、ご本人が脳梗塞で倒れられ、長期入院。その間、当然仕事が出来ず収入が途絶えました。何とか今までの蓄えで住宅ローンを払っていたが、貯蓄も底を突き、滞納期間が6ヶ月を過ぎ、保証会社による代位弁済がなされた直後に当協会にご相談に来られました。


福井さんの希望は、病状も回復して仕事も以前の状態に戻りつつあるので、愛着のある家にこのまま住み続けたい、というものでした。当協会に相談に来られる前に福井さんは、銀行に対して今まで通りローンを返済できるようになったので引続きお願いしたいと伝えておられました。しかし、銀行の返事は、「もう既に代位弁済が完了しているので全額返済以外受付できません」といった事務的な返答でした。

福井さんは、銀行の担当者に対し、20年近く1回も遅れることなく返済をしてきたこと、払えなくなった理由が脳梗塞であることから、誠意を持って対応したいということを伝えました。ところが、一切こちらの言葉に耳を貸してくれることはありませんでした。

ただ、自宅の価格とローンの残額がほぼ同額だったことで、任意売却で住み続けるための投資家の協力を得られることになりました。また、今年社会人になった長男が3年後に買い戻す約束での契約になり、以前と変わらず同じ家に住み続けられることに。
思わぬ病気が福井さん一家を襲いましたが、家族で協力し合って乗り越えられて、本当に良かったです。

 

相談員より ■

一定の期間が過ぎると、債務者はローンを分割して支払う権利を失います。今まで一生懸命ローンを返済してきた福井さんでしたが、残念ながら銀行に対しては全額返済しか方法がありませんでした。しかし任意売却では、協力者を得て住み続けるという方法もあります。今回は無事協力者が得られ、なおかつ息子さんが3年後に買い戻せるとのことで、福井さんのご希望にそった解決ができて良かったです。

ご病気で大変でしたが回復されて、お家の問題も解決して…これからもお体をお大事に、ご家族で頑張ってください。応援しています。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top