• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

■大分県の解決事例

事例紹介

教え子からのお願いで投資用マンションを購入。担保にしている自宅だけは守りたい。


大分県別府市/永岡健太さん(仮名・男性)/48歳

大分県別府市にお住まいの永岡さんは、4年前に投資用マンションを博多市内に購入されました。ところが、徐々に家賃の収入が減りローンの支払が出来なくなってきたそうです。また、購入の際に、自宅を担保にしていたため、このまま行くと自宅までも競売にかけられ住めなくなってしまうという状況です。永岡さんは家族のためにも、自宅は守りたいということでした。

永岡さんに、どうして投資用マンションを購入されたのかを聞いてみました。すると、「卒業生が投資不動産を販売している会社で働いていて『先生、お願いします』と頼み込まれ、断るに断れなかったんです」とお話し下さいました。この件については家族にも伝えていないとのこと。

結論から言うと、この投資用マンションは任意売却で無事に解決できました。解決にあたり、思い切って家族にも伝えたそうです。家族に不安をさせたことはとても辛かったと思います。永岡さんは今回の件で、教え子への協力はまずは家族に相談すること、できること・できないことを判断したいと肝に銘じられたそうです。自宅と家族の生活を守る結果になり、良かったと思います。

 

相談員より ■

「副収入、年金代わり、税金対策」などと謳われ、投資用マンションを勧められることがありますが、はたして全ての投資用マンションが、そんなに利益を生むかというと、そうでもありません。ご自宅を担保にされていたようで、投資用マンションのせいでご自宅まで無くなってしまっては、元も子もありません。幸い、今回は早い段階でご相談いただいたので、スムーズに任意売却を行う事ができて、良かったと思います。今後は教え子の頼みをきくのも程ほどに…ご家族とお元気でお過ごしくださいね。任意売却のお手伝いさせていただき、ありがとうございました。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top