• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

■宮崎県の解決事例

 

「家族に打ち明けられない」「誰に相談して良いのか分からない」といったご相談者の不安を解消するために、親身に丁寧にお話を伺うことを大切にしています。
「早く相談してみて本当に良かった」 その言葉を頂けることを大変嬉しく思うと同時に、昨今増えているマイホームに関するご相談に応えるべく精力的に活動しています。ひとくちに「任意売却」といっても、様々なケースがあります。まずは、ご相談から始めてみませんか。

 

事例紹介

税金滞納による差押さえの解除が鍵/宮崎市


宮崎市にお住まい真山さん(仮名)は共働きの奥様が入院したことがきっかけで、
厳しい支払い状況に陥りました。奥様が退院後も働ける状態ではありませんでしたので、貯金を切り崩して住宅ローンを返済していました。住まいだけは守りたいという思いから税金の支払いを後回しにしていました。しかし、役所より「差押さえ」の通知が来たことからご相談に来られました。
当初、役所は差押さえの解除にはまったく応じてくれませんでした。しかし、何度も足を運び、粘り強くお話しさせて頂く中で、任意売却にご理解頂くことができました。
税金の支払いを後回しするのは得策ではありません。支払いが難しくなった時点で役所に話をしましょう。

収入減、離婚、そしてローン破綻へ/宮崎県都城市


自営業の谷口さん(仮名)は宮崎県都城市にお住まいでした。
収入が安定しなくなったことから、夫婦関係に亀裂が入り、離婚することになりました。住宅ローンを2回滞納した時点でお問合せくださいました。
一人で暮らす谷口さんは家を売却したいと考えていらっしゃいましたが、ローンが残ってしまうために通常の売却は叶いません。そこで任意売却を検討されました。結果的に、任意売却により次の引越しに向けて費用を手にされました。

知人に任意売却を任せるも・・・/宮崎県延岡市


宮崎県延岡市の大野さん(仮名)は、勤めていた会社の倒産によりローンの返済ができなくなりました。そして不動産業を営む知人に任意売却を任せていましたが、銀行が話に応じてくれないとさじを投げられたそうです。その後、当社に連絡を下さり、無事に任意売却で解決することができました。
任意売却という言葉の知名度も上がってきましたが、金融機関や役所との調整には経験やノウハウが必要不可欠です。複数社に問い合わせた上で依頼される会社は選んで下さい。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top