• 全日本任意売却支援協会トップ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

三重県の任意売却

 

伊勢志摩サミット以降も世界中から観光客が訪れる三重県。黒潮やリアス式海岸による豊かな漁場があり、漁業・水産業が盛んです。また、関西と東海の間に位置することから産業が発展し、現在も中京工業地帯の一翼を担う地域でもあります。

 

三重県では、津市、四日市市、鈴鹿市を中心に任意売却のお手伝いをさせて頂いています。三重県のご自宅の任意売却、または、三重県に住みながら他府県に投資用マンションを所有している、という方から「住宅ローンの返済が苦しいので任意売却で売却したい」というお問い合わせを頂いています。

 

任意売却は金融機関によって、できる/できないなども変わってきます。経験豊富なコンサルタントが対応しますので、安心してご相談ください。

 

 

事例紹介

入札まで短期間での解決。


三重県四日市市/野宮 聡(男性・仮名)/47

 

四日市市にお住まいの野宮さんご希望は「住み続けたい」というものでした。理由は、奥様が5年前に亡くなられた後、ずっと一緒に生活をされてきたお義母さんの体調が悪く引っ越しなどはとても出来ないからということでした。すぐに依頼を受けて任意売却活動を行いたかったのですが、進めるにあたり一つ大きな壁がありました。

 

それは、入札日まで時間がないという事・・・。

 

実は野宮さんからご相談いただいたのが、競売の入札日まで後2週間という状況。正直なところ、この短期間では、銀行側が任意売却活動すら認めない可能性が高いと思われました。しかし、私たちが諦める訳にはいきません。早急に銀行・各関係者に連絡・交渉を行いました。

その結果、無事に任意売却で解決出来、今もお義母さんと一緒に今も暮されています。

 

もう、時間が経ちすぎていて無理かもしれない・・・など思わずに、一度ご相談ください。そして、実際には、入札までの期間がわずかである場合、任意売却を認めない金融機関も存在します。ですから、「相談しようかどうしようか」と迷われている方も、まずは相談をしてください。(費用はかかりません)


■ 相談員より ■

時間が無い中、なんとか任意売却にこぎつけ、今もお義母さんと住み続けられるように解決出来た事、本当に良かったです。この案件からは、時間の大切さ、早急に行動することの大切さを実感するとともに、例え時間が迫っていても、諦めずにとにかく相談して頂くことの大切さを強く感じます。

 

例え不可能に思えても、その状況でのベターな、ベストな解決策を見つけます。野宮さんのように、時間が迫った方でもまずは相談して頂くことをお勧めします。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top