• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

■熊本県の解決事例

家族の幸せに購入した住宅。しかし、思いもよらぬ事がきっかけで住宅ローンが払えなくなり、競売によって家族の健康や絆まで壊れてしまうことがあります。解決方法を「知らないこと」で、競売になってしまう方がいます。そういったことは絶対に避けなければなりません。

私たちは、ひとりで悩んで諦めてしまうことがないよう、任意売却による解決のお手伝いをしています。

皆さんそれぞれに絶対に守りたいものがあり、希望があります。
相談に来られる方の多くが、それらを守るために、経済的にも精神的にも無理を重ねられていらっしゃいます。私たちは、相談者の精神的なフォロー・心のケアをすることも使命だと考えています。

また、日々勉強を行い、任意売却での解決の可能性を追求しています。住宅ローンの返済でお困りの方は、お早めにご相談ください。

 

事例紹介

マイホームを3年で売却。その先の生活に向けて/熊本県合志市


熊本県合志市/K様

Kさんは建築関係のお仕事をされていました。奥さまと念願のマイホームを購入し、内装などにもこだわっておられました。ところが、勤め先の会社の経営が悪化、収入が激減しました。ちょうどその頃、奥さまが出産。今後のことを考え、無理してローンを支払うよりも、家族が安心して暮らせるように生活を立て直すことが大事だと考えてのご相談でした。
購入して3年ほどでの売却です。Kさんは本当に残念そうにされていました。お家が新しいこともあり、すぐに購入希望者が現れ、Kさんは手もとに引越し費用を残すことができました。新生活をスタートするにあたって、「正直、家を手放すのは辛かったんですが、嫁さんは暮らしが安定したことにほっとしたと言ってくれたんです。前向いて頑張るしかないでしょう」と笑顔でお話しくださいました。

人間関係がこじれて退職へ/熊本県熊本市


熊本市東区/N様

熊本市内の会社に勤めていたNさんは2年前に、職場の人間関係が原因で退職されました。その後、半年かかって再就職されました。その間、ボーナス月の支払いができず、また、再就職先の月給も減少したことから、引き続き住宅ローンを返済することを断念されました。
相場金額とローンの残りの額の乖離が400万円。Nさんは400万円を準備する余力はなく、任意売却でのご相談となりました。一時は親類にお金を借りてローンの返済も検討されたそうですが、奥さまの反対もあり任意売却を選択されました。仕事のこと、収入のことで長期間悩まれていたNさんでしたが、任意売却を終えるとホッとした表情をされていました。
買うときも売るときも大きな決断が必要なマイホーム。ご相談者が納得できる形で解決できるよう、お手伝いしていきたいと思います。

事業失敗により離婚。住み続ける希望をかなえて再出発/熊本県熊本市


熊本市中央区/O様

Oさんご夫婦は、近日離婚予定、という時に当社にお問合せ頂きました。
離婚の原因は、ご主人の自営業が傾き経済的に行き詰まったこと。奥さまも看護師というお仕事をしながら、子育てをし、可能な範囲でご主人を支えておられました。しかし、お子さんの将来のことも考え、今後のことを前向きに考えたいというお話をしてくださいました。これまで一生懸命頑張ってこられたこと、経済的な理由から夫婦関係がこじれてしまったことが伺えました。
また、大変な状況の中で不動産の相談をすることが億劫だったとのこと。そういった中での思い切った一歩でした。その結果、お兄様が協力してくださり、奥さまの希望だった住み続けることが叶いました。勇気を出してご連絡頂けて本当に良かったです。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top