高知県の任意売却

 

 

高知県は県土の84%が森林で、林業が盛んです。また、夏期の冷涼さを活かして農業がおこなわれ、日本の食卓を支えています。
しかし、高知県も人口減少の問題を抱えています。人口減少は県内の経済活動が小さくなってしまうことを意味します。そうなると、若年層が県外に流出し、ますます過疎化・高齢化を促すことになります。

 

高知県の不動産流通についても盛んではないため、任意売却を行う場合にも時間に余裕を持って行動することをお勧めします。
住宅ローンを滞納すると、金融機関から督促状やその他の書類が届きます。専門用語が並び、厳しい内容です。そのため、「どうすれば分からず、何もしなかった」というケースがありますが、どうすればいいのかも含めてご相談ください。

お金の問題は解決します。慌てず、でも、今後の生活のためにもしっかり対応しましょう。

 

対応エリア:高知市その他

事例紹介

収入減により消費者金融から借入れを・・・。債務を減らして再出発。


高知県高知市/柄本 洋子さん(仮名・女性)/55歳

 

高知県の任意売却事例当初は柄本さんの奥様より相談でした。
柄本さんは地元の会社に30年勤め、もうそろそろ退職も近い状態でした。ただ、近年の不景気のあおりを受け、収入が減ってしまいボーナスも少なくなっていました。家計のやりくりは奥様がしていました。奥様としては生活水準を下げることができず、ふとしたことをきっかけに消費者金融から借入れをしてしまうようになったのです。
それから、状況がさらに悪化しました。ローンに加えて消費者金融からの借り入れも増え、とうとう住宅ローンが滞りました。奥様はこの状況を柄本さんには話していませんでした。銀行や借入先から催促が増え、奥様はどうしてよいかわからず意を決して、当協会へご相談されました。

奥様としてはご主人にはどうしても言いたくないというお気持ちでしたが、住宅ローンの名義人がご主人である以上、隠しとおせません。そのことをお伝えし、柄本さんには一緒に説明をしました。
柄本さんは何事かと非常に驚かれていましたが、「家計について何も把握していなかった自分にも責任がある」と奥様を責めることはありませんでした。

しかし、住宅ローンの滞納は始まっています。このままでは競売の申立てをされるのも時間の問題です。すぐにご自宅の販売活動を行い、速やかに買主を見つけることができました。
柄本さんは債務を圧縮できたこと、引越し代を手にして新生活をスタートできたことで、もう一度地に足のついた生活を送りたいというお気持ちをお話し頂きました。今回は任意売却のお手伝いをさせていただき、ありがとうございました。

 

相談員より ■

当初は奥様からご相談頂きましたが、ご主人に伝えるのが怖いとのことで、とても不安そうでした。しかしご主人にお伝えしない訳にはいきません。解決のために、勇気を出して一緒にお伝えしましょうと、お話しました。そしてご主人はとても驚かれたものの、奥様を責められず、すぐさま状況を判断され、任意売却に踏み切ってくださいました。速やかに行動をおこしたこともあり、良い条件で解決できて良かったと思います。柄本さんには結果にご満足頂き、嬉しく思っています。これからも奥様と頑張ってくださいね。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

首都圏:0120-69-1108/関西圏:0120-57-1108/その他:0120-36-1109【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

住宅ローン滞納にお困りの方

0120-69-1108

0120-57-1108

0120-36-1109

メール相談

資料請求

Page Top