• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

■石川県の解決事例

事例紹介

義父のマンションが実は夫の名義だった


石川県金沢市/阪本様(仮名・家具販売店勤務)

石川県金沢市の阪本さんは、金沢市内のマンションでお父さん、お姉さんと三人でお住まいでした。マンション購入当初は三人ともお仕事をされており、住宅ローンの返済はなんら問題なくできておりました。
返済が滞る予兆は、お姉さんのご結婚です。お姉さんはお引越しされ、阪本さんはお父さんと二人暮らしになりました。
数年後、阪本さんもご結婚することになり、お父さんがお一人で住むことになりました。お父さんも会社員としてお勤めで、しばらくの間は住宅ローンの返済もお父さんがされておりました。
しかし、お父さんが体調を崩され、定年も近かったことからお仕事を辞めることになりました。すると、瞬く間に返済不能に・・・。
ローンとマンションの名義は阪本さんでしたが、阪本さんはそれを奥さまに言っていませんでした。そして、今回、ローンの滞納後に、阪本さんの奥さまは初めてその事実を知られたのでした。

奥さまはショックを受け、不安で不安で仕方がない中、泣きながら当協会にお電話してこられました。私たちは実際に阪本さん・奥さま・お父さんとお会いし、じっくりお話ししました。お話の後、奥さまはホッと安心されたようで笑顔を見せてくださいました。無事任意売却を終えた際にも、「不安だったけど、あのとき電話して本当に良かった。ありがとうございました。」と言っていただけ、私たちもホッと笑顔になれました。



相談員より

ローンの滞納を知ったとき、奥様はさぞやびっくりされ、不安だったことでしょう。しかし当協会に相談して頂き、任意売却のしくみ・手続きをお伝えすると、問題解決の方法があるのだと、安心されたようでした。その後、売却もとてもスムーズに進み、阪本さんご家族に喜んで頂けて、私達も嬉しかったです。知らないうちは、解決策が無いのではと、とても不安に思われるのも仕方がないと思います。しかし知って頂けば、不安な気持ちを減らすことができるのではないでしょうか。住宅ローンでお悩みの方は、まずは相談して頂けたらと思います。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top