石川県の任意売却

 

石川県は観光資源が豊かにあり、北陸新幹線の開業に伴って、多くの観光客が訪れています。
一方で、人口については減少傾向にあります。安心して暮らし、子育てができる社会を目指し、出生率向上に取り組んでいます。各世代の暮らしやすさを考えた具体的な目標を立てているのが石川県の特徴なのかもしれません。

 

石川県の任意売却は金沢市を中心にご相談が寄せられています。
お問合せ頂くのは、住宅ローンの滞納だけではありません。カードローンで借金が多額になったり、離婚によるマイホーム問題、固定資産税の滞納などのご相談も多くあります。

 

お金の問題は家族にも言いづらいものです。電話で相談するのもためらわれるかもしれません。ですが、その一歩の勇気こそが解決の糸口になります。

事例紹介

義父のマンションが実は夫の名義だった


石川県金沢市/阪本様(仮名・家具販売店勤務)

石川県金沢市の阪本さんは、金沢市内のマンションでお父さん、お姉さんと三人でお住まいでした。マンション購入当初は三人ともお仕事をされており、住宅ローンの返済はなんら問題なくできていました。
返済が滞る予兆は、お姉さんのご結婚です。お姉さんはお引越しされ、阪本さんはお父さんと二人暮らしになりました。

 

数年後、阪本さんもご結婚することになり、お父さんがお一人で住むことになりました。お父さんも会社員としてお勤めで、しばらくの間は住宅ローンの返済もお父さんがされておりました。
しかし、お父さんが体調を崩され、定年も近かったことからお仕事を辞めることになりました。すると、瞬く間に返済不能に・・・。

 

住宅ローンとマンションの名義は阪本さんでしたが、阪本さんはそれを奥さまに言っていませんでした。そして、今回、ローンの滞納後に、阪本さんの奥さまは初めてその事実を知られたのでした。

石川県の任意売却事例

奥さまはショックを受け、不安で不安で仕方がない中、泣きながら当協会にお電話してこられました。私たちは実際に阪本さん・奥さま・お父さんとお会いし、じっくりお話ししました。

 

お話の後、奥さまはホッと安心されたようで笑顔を見せてくださいました。無事任意売却を終えた際にも、「不安だったけど、あのとき電話して本当に良かった。ありがとうございました。」と言っていただけ、私たちもホッと笑顔になれました。



相談員より

ローンの滞納を知ったとき、奥様はさぞやびっくりされ、不安だったことでしょう。しかし当協会に相談して頂き、任意売却のしくみ・手続きをお伝えすると、問題解決の方法があるのだと、安心されたようでした。その後、売却もとてもスムーズに進み、阪本さんご家族に喜んで頂けて、私達も嬉しかったです。知らないうちは、解決策が無いのではと、とても不安に思われるのも仕方がないと思います。しかし知って頂けば、不安な気持ちを減らすことができるのではないでしょうか。住宅ローンでお悩みの方は、まずは相談して頂けたらと思います。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top