福井県の任意売却

 

福井県は、温泉や海の幸を求めて通年多くの観光客が訪れます。また、鯖江市を中心に眼鏡産業が盛んで、国内シェア96%、世界シェア20%を占めています。

 

福井県では福井市を中心に任意売却のご相談が寄せられます。住宅ローンの滞納が続き、気づけば「競売開始決定通知」が届いた等のお問合せを頂くケースも多いです。
競売の手続きが始まってしまうと、任意売却をするための時間は多くはありません。ですから、「いざ滞納してから」「どうしようもないと思ってから」動くのではなく、早いタイミングでお問合せください。

事例紹介

あきらめかけていたが住み続けることに成功


福井県福井市/大谷様(自営業)

福井県福井市の大谷さんは、福井市内の一戸建てに奥さん・お子さん二人とお住まいでした。
お電話をいただいた時には既に収入の半分が住宅ローンの返済となっており、中学3年生と小学生5年生のお子さんを育てるのは非常に厳しい状況でした。

大谷さんは、一度は手放すことを覚悟されましたが、当協会のウェブサイトをご覧になられて、お子さんのために住み続けられるかもしれないと希望をもってお電話されたとのことです。
私たちは、いつものようにすぐに投資家をあたりました。
ただ、協力頂ける投資家を探すにあたり、懸念事項がひとつありました。それは、大谷さんの家は少し傾いていることでした。どうやら建築当時の施工会社の不手際で少しですが傾き、壁にヒビが入っているのです。この条件を踏まえたうえで協力してくれる投資家を探さなければなりません。
そこで、私たちは顔なじみの投資家にお願いし、なんとか納得していただき、協力してくれることになりました。
すぐに大谷さんと投資家の双方の諸条件を詰め、無事に住み続けることに成功。お子さんの学校区が変わることもなく、この先も住み慣れた家に住めるということで、大谷さんと奥さんは本当に喜んでおられました。

 

相談員より

当協会に相談して頂き、大谷さんのご希望通りに解決できたことを嬉しく思います。ローンに行き詰ると、不動産を手放すしかない、出て行かなければならないと思われる方も多いかもしれませんが、このように住み続けるという解決方法もあるのです。大谷さんはウェブサイトで当協会を知っていただいたとのこと。大谷さんのように、必要な方に情報が届くように、当協会も頑張って情報発信していきたいと思います。また、ご自宅が傾いていること、ヒビが入っていることなど、売却において心配な材料もありましたが、無事協力者が見つかり、当協会のネットワークがお役に立ったようで、良かったです。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top