秋田県の任意売却

 

秋田県の人口は2017年に100万人を割りました。
日本全体でも人口は減少傾向にあり、人口が都市圏に集中していることから、地方ではあらゆる策を講じています。秋田県も雇用創出や少子化対策などに努めています。

 

人口が少ない場合、不動産の取引が都市部と比べると少ないです。つまり、お家を売却したいと思っても、すぐに買い手がつかない可能性があるということです。

任意売却を行う場合も同様です。そのため、住宅ローンや税金の支払いが厳しくなったらすぐに行動に移すことをおすすめします。

 

当協会では、秋田市を中心に任意売却のお手伝いをしています。

 

事例紹介

87万円の現金を準備しないと任意売却できない!?依頼した会社に言われた驚くべき内容。


秋田県秋田市/吉村 健(男性・仮名)/42歳

秋田市にお住いの吉村さんは、近所の不動産会社へ任意売却の依頼をしていましたが、その会社の進め方に不安を覚えご相談いただきました。詳しくお話を伺うと、その内容は驚くもので、「任意売却で解決できますが、ただ、吉村さんにも協力してほしいことがあります。市役所による税金の差し押さえが解除されないので、吉村さんには87万円を準備してもらいたいと思います。詳細は契約時にお話しします」と言われたとのこと。

 

吉村さんは何が起こっているのか分からずにパニックに陥ったそうです。 そして、インターネットで当協会を見つけてお電話を下さいました。

上記のようなことは、任意売却の専門業者が口にするとはとても思えません。おそらく、任意売却の経験や知識が乏しかったのでしょう。任意売却を進めるのであれば、必ず事前に、役所へ差押さえを解除してもらうお願いをし、金融機関と金額について話し合いを重ね、すべてをクリアにするものなのです。

 

結局、吉村さんは当協会に任意売却をご依頼され、無事に解決されました。もちろん、87万円を準備して頂くこともなく、金融機関と役所とも調整を進めました。

同じような状況にある方は「本当に大丈夫かな?」と感じたら、言われたとおりにするのではなく、 確認の意味でもご相談ください。

 

■ 相談員より ■

今回は吉村さんから当協会にお電話頂いた事で、無事に解決することができて本当に良かったと思います。不動産会社であっても任意売却の知識が乏しい業者もいます。せっかく良い条件で解決できる可能性があっても、正しい情報が届かないことで、かなわないのは残念です。そうならないように、これからも当協会は任意売却に関する正しい情報を、どんどんと発信していきたいと思いますし、任意売却についてよく知らないという方、小さくても疑問がある方、どんな事でも聞いて頂いて、より良い解決へとつなげられたらと思います。

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:00~18:00
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top