• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

任意売却をすると、「ブラックリスト」に載ってしまいますか?

「ブラックリスト」といわれると、すごく不安に感じられると思いますが、

これは通称の名前です。

 

このいわゆる「ブラックリスト」ですが、正確には個人情報が信用情報機関へ「事故情報」として登録されることを言います。

 

「事故情報」として扱われるのは、クレジットカードや住宅ローンの支払いが遅延した場合などです。

通常は3回程度の遅延で「事故情報」として登録されると言われています。

 

ですから、任意売却をしようとしまいと、住宅ローンを3回程度滞納すれば信用情報機関へ「事故情報」として登録されてしまうことがあるのです。


◎信用情報機関に登録されるとどうなるの?

クレジットカードをつくったり、お金を借りれられなくなる場合があります。

滞納の記録であれば5年程度、登録が残るといわれており、

また、自己破産の記録であれば7年程度、登録が残るといわれています。

 

 

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top