• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

住宅ローン以外に、複数の借入れがあります。任意売却はできますか?

可能です。

実際に当協会にご相談に来られる方の半分以上が、

住宅ローン以外の借入れがある状況です。

その場合でも、任意売却を成立させることは可能です。

【よくある借入先の例】
 銀行カードローン
 消費者金融
 勤務先からの借入れ
 個人からの借入れ

自営業の方に多いケースとしては、
ご自宅を担保にして複数社から事業用の借入れをされていることがあります。

いずれの借入れについても、
ご自宅に担保が設定されていなければ、任意売却をするうえで問題になることはありません。

担保が設定されている場合は、
担保権者である債権者(借入れ先)に連絡する必要がありますが、
専門相談員が連絡してお話し合いをします。

※担保権者である債権者(借入れ先)が複数の場合は全員に連絡します。

まれに、借入先からご自宅が差し押さえされている場合がありますが、
その場合も専門相談員が連絡致します。


また、カードローン等で多重債務を負われている方もご相談ください。
任意売却とあわせて、債務整理についても専門家がサポートさせて頂きます。

 

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

ページ上部へ

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top