• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

税金の滞納には「早め早めの対策」

2014年02月27日


税金を滞納しているが、今は税金どころじゃないよ・・・
と考えていらっしゃる方はいませんか?




税金の滞納を放っておくと、大変なことになります。
滞納した税金については、延滞税がなんと14.6%もかかります。
本当に大きな金利ですよね。住宅ローンと比べてみても一目瞭然の
数字ですよね。後回しにしていることで、取り返しのつかない
金額になりかねないことは、お分かり頂けると思います。

 

ひと昔前なら、延滞税について目をつぶってくれるような役所も
ありましたが、今の時代、行政も徹底しています。
延滞税を大目に見てくれる、減額してくれることは期待できません。



ですから、毎日の生活で精一杯という方も、
分割納付の相談に行くなど、誠意をもって対応しましょう。






では、税金滞納をそのままにすると、どうなるのかというと、
所有している不動産等の財産を差押えされます。


不動産の場合ですと、登記簿謄本に「差押」という登記が入り、
勝手に処分することができなくなります。


それでも放っておくと、「公売」で処分されます。
公売とは、競売と同じ入札方式で売却されます。
(競売は裁判所が主導ですが、公売は行政が主導となります)



たかが税金などと思ってはいけません。



延滞税が高いことから、滞納期間が長くなると、その分だけさらに納付額が膨らみ、
どうすればいいのか身動きのとれない状況になりかねません。
そうならないためには、「早め早めに対策」が肝心です。

 


「もうしばらく様子を見ようか」と考える前に、まずは役所に相談することです。
収入状況を見ても、今の生活を維持することが困難だという状況であれば
任意売却を含めた対処を検討しましょう。









▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top