• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

若者の就職について

2014年05月22日


オフィス街や駅でよくリクルートスーツの若者を見かけます。



今の時期には、就職が決まった学生、まだまだ奮闘中という学生が混在
しているのではないでしょうか。



さて、そんな新卒の就職率について、少しお話させて下さい。

 

今春卒業した学生の就職率が高水準になったというニュースが出ていました。



高卒では96.6%。
4年連続で改善。1992年以来、22年ぶりの高水準となった。

大卒では94.4%。
3年ぶりの改善。2009年以来5年ぶりの高水準。




この好調な就職率は、景気回復の影響により企業の採用意欲が高まったこと
が考えられます。



とはいえ、「そんなにすんなり就職がうまくいった感」がないという方も
多いかもしれませんね。第一希望には入れず、第三、第四希望・・・ということも
おおいにあり得るでしょう。



というのも、大卒の採用については依然として厳選選考の傾向が強く、
リーマンショック前(2008年春)の水準には届いていないというのが現状のようです。




長らく不況の空気に覆われていた日本。
多くの若者が「安定志向」に走らざるを得なくなるような社会状況でした。
倒産やリストラ、減収等のリスクを回避するため、公務員や大企業が人気と
いった時代が長く続いていたように思います。


(もちろん、大企業で、公務員として、自分の夢を開花させている人は
本当に素敵です)


若者が自らの夢に挑戦したり、叶えたい目標に向けてひたむきに頑張ったり・・・
そのためにも、私たちが社会状況をより良くできるよう一躍を担っていきたいものです。




もう暑い日も多くなってきました。
就職活動も辛く大変な時もあるかもしれませんが、自分の目標に向かって
諦めずにがんばってほしいと思います。

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top