• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

投資バブルと任意売却

2015年01月20日

収益物件サイトを運営する「健美家」が全国の投資用不動産の

2014年マーケットの動向を発表しました。

同サイトに登録されている物件とメールで問合せがあった物件を対象に利回りと

物件価格を年代別、四半期別に集計しました。

区分マンションを見ると、登録物件の投資利回りは2005年の調査開始以来、

過去最低水準の9.13%となり前年比でも1.48%低下と下降幅はここ数年で

最大であったといいます。

 

東 日 本 大 震 災 が 発 生 し た 2011年 を 底 に 上 昇 が 続 き 、

2008年 以 降 で は 1190万 円と 過 去 最 高 を 記 録 し た と い い ま す 。

 

価 格 は 2012年 を 底 に 上 昇 基 調 を た ど り 1億4087万円、

前年比5%増となりました。特に首都圏の利回りは、この一年で9.17%か

ら1%低下しているとのことです。価格も前年比1513万円アップしました。

同サイトには基本的に中古マンションが掲載されます。

これまでは、新築と違って中古は利回りが魅力とされていましたが、

不動産投資ブームの影響で年々、利回りが下がっていることが顕著になっています。

 

 

アベノミクス、円安、外国人投資家、東京オリンピック、史上最低金利、

市場に金が余っているなど、不動産投資を加熱させる要因が揃っております。

ただ、売り物件がなく、収益物件を仲介する不動産会社においても、

仲介する収益物件がないという状態であります。

老後に不安を抱え不動産投資に興味を示す人、

マンションオーナーというステータスを求め不動産投資をする人、

任意売却物件に興味を示す人も少なくはありません。

 

私の元へも昨年から任意売却で、収益マンションを買いたいと言う人が急激に

増えたように感じます。

 

確かに任意売却なら市場よりも安く買える可能性が高いでしょう。

また競売と比較しても、物件の情報がよりわかるため購入しやすい取引で

あることは間違いありません。

 

そんなことから、任意売却で収益不動産を買いたいという声が増えてきているので

しょう。

投資してくださる方が増えることは、任意売却での解決にはプラスの要素です。

ちらも積極的に任意売却での取引を拡大させるため、広報活動に力を入れて

いきたいと考えています。

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top