• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

ローン滞納時の金融機関の対応スピード

2013年08月30日

住宅ローンを滞納した場合、競売の手続きがとられるスピードをご存知ですか?

都市銀行、地方銀行、住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)により、その対応スピードは

異なります。

 

 

 

①都市銀行

都市銀行を利用した住宅ローンの場合、3カ月延滞すると、

都市銀行の子会社である住宅ローンの保証会社へ債権が移管されます。

不良債権の処理スピードが非常に早いのが特徴です。

 

こうなると、期限の利益の喪失といって、

分割して支払うことができる利益を失うことになり、

「一括して払ってください」という書面が届くことになります。

 

分割でも払うことができないのに、一括で払える訳がありません。

 

 

この保証会社への移管は、それは即、「競売手続きに入ること」を意味すると言ってもいいのです。

ちなみに、保証会社へ債権が移ってから、早ければ3カ月以内に裁判所から

「競売開始決定」を知らせる郵便が届きます。

 

 

 

ご相談者からは、

「保証会社に債権が移ったのですが、なんとかローン減額などの交渉ができますか?」

という質問を頂くこともありますが、この段階までくると交渉をすることは極めて困難です。

 

 

債務者側にもいろいろな事情があるにせよ、

保証会社は銀行とは違って基本的には分割では受け取りません。

 

 

要するに保証会社(債権回収会社)に債権が移ったら、競売をするか、任意売却をするか、

どちらかの選択しかなくなると思ったほうがいいでしょう。

いずれにしても、都市銀行の場合の滞納リミットは3カ月と覚えておいてください。

 

 

 

 

②地方銀行・住宅金融支援機構

一方、地方銀行で滞納した住宅ローンの督促の方法については、銀行によって大きく異なります。

住宅ローンに力を注いでいる地方銀行なら、貸出が多い分、体制が整っているので処理が早いです。

 

また、地方銀行でもバブル後の金融機関の再編で、都市銀行などと経営統合されているところは

都市銀行並みのスピードで処理されます。

 

住宅金融支援機構の場合、都市銀行ほど競売に向けての処理スピードは早くはありません。

通常、滞納後6ヶ月程度で競売の手続きへ進みますが、競売の取下げには非常に協力的です。

 

 

 

このように、住宅ローンの滞納といっても、

金融機関によって滞納時の処理スピードが異なります。

「返済できなくなりそう」となった時点で相談員までご連絡ください。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top