• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

相談者が元気になる言葉

2013年08月26日

住宅ローンや多重債務で私のもとへ相談にこられる方で、

「浪費やギャンブルにお金に使ってしまった事が原因でお金に困っている」

という人は、ほとんどいません。

 

「一所懸命に働いていたが、会社が倒産してしまった」

「子どもの教育費がかさんで、住宅ローンの支払いができなくなった」

「会社を経営していたが、不況の影響で仕事がなくなってしまった」

「離婚して収入が減り、支払いができなくなった」

「親が病気をして、その介護で仕事ができなくなった」

 

など、ほとんどの人は、

それぞれのご事情があり、住宅ローンの支払いができなくなっているのです。

 

 

 

一方で、多額の借金を背負っても、

そこから這い上がり見事に復活された人もたくさんいらっしゃるのも事実です。

 

 

何百億という借金を背負っても、そこから這い上がる人と、

お金のためにご自身をとことん追い詰めてしまう人・・・・

 

この違いはいったい何なのでしょうか?

 

これまでの私の経験から言わせてもらうと、

それは「借金に対する考え方と知識の差」、これだけです。

 

 

 

人生のどん底を、奈落の底という表現をしますが、

果たして奈落の底というのは、どれくらい深いのでしょうか?

這い上がれないほど、深いものなのでしょうか?

 

私は決して、それほど深いものだと思いません。

なぜならば、先ほども申したとおり借金地獄から自力で這い上がった人を

たくさん見てきたからです。

 

 

毎日のように来られる相談者にお伝えする言葉があります。

「あくまでも大切なのは、これからの人生。お金の問題は解決できます。」

という言葉です。

 

あなたの目の前に、"あなたに解決できない問題は現れない"といわれます。

 

 

少しの勇気が、これからの人生に希望を与えてくれます。

まずは、無料相談をご利用ください。

 

 

 

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top