• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

震災を風化させてはいけない

2015年01月17日

2015年1月17日、今日で阪神淡路大震災が起きてちょうど20年になる。

 

 

20年前・・・

私は、あの時、大阪にいた。

 

「ドン」という音と共に強い揺れを感じたが、

誰かがベッドを揺らしているのかと思い目を覚ました。

 

暫くすると揺れは収まった。

 

その日は、早朝に会議があり、テレビを見ることなく会社に向かった。

 

車で向かう途中、震災の影響で信号機が着いておらず、警察の方が誘導していた。

 

「結構、大きな地震だったからな・・・」それくらいの気持ちだった。

 

会議を終えお客さんの自宅へ行った。そのお客さんが熱心にテレビを見ていた。

 

私も覗き込む。

 

 

 

そこで始めて震災がどれだけのものだったかを知った。

 

ヘリコプターから神戸の町を撮影している映像がながれていた。

 

「燃えている」「神戸が燃えている」と愕然とした記憶がある。

 

6,434の犠牲者を出した。

 

 

 

被害の大きさは東日本大震災と比較にならないが、遺族や被災された方々の

心の傷の大きさ、深さは同じである。

 

テレビでは朝から震災に関するドキュメント番組が放送されている。

 

 

当時の悲惨な映像が流れる。

 

 

自分の家族が亡くなった方でも、自分のことを嘆くだけではなく

「もっと悲惨な思いをした人がいる。」と極限の悲しみの中でも、

自分以外の誰かに心を配る日本人。

 

 

東京オリンピック招致で日本人の“おもてなし”の心が話題になった。

 

 

自己主張する欧米と異なり、多くを語らない日本人。

 

常に回りに気を配る素晴らしい国民性だと思う。

 

「震災があったことを風化させてはならない」というが、

極限の悲惨な状況でも相手を思い助け合った日本人の心

風化させてはならないと思う。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top