• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

選挙を前に・・・

2014年11月20日

消費税の増税が延期されました。


2015年10月に予定されていた消費税増税。


今回の延期の理由は、景気が想定以上に悪くなっているから、というもの。
個人消費が1年前と比べて、2%以上減少していると言います。
消費税増税を延期して、デフレ脱却を優先するとしています。

 

そもそもこの「デフレ脱却」とはどういう意味なのでしょう。
大雑把には、物価の下落が止まる、物価が緩やかに上昇する
ということを意味します。


デフレから脱却することは、長期的な視点で見ると、
健全な経済活動には欠かせないのかもしれません。


しかし、生活者の視点からみると、物価が上がることに抵抗を
感じずにはおられません。


思えば今年4月の消費税増税では、
日常生活で支払う金額が目に見えて増えました。
もちろん、これは物価上昇ではなく単なる増税です。


とはいえ、もし物価が上がったとしたら・・・と考えるきっかけとなりました。

 


仮に収入が増えない中で物価が上がった場合、
「物価上昇=リスク」でしかありません。



そうです。
収入と支出のバランスが見合っていれば問題ありませんが、
支出だけが増えるのであれば、消費者には苦難しか待っていません。



企業が潤い、雇用が拡大し、賃金が上昇することで、経済が改善し、
その結果として物価の上昇があること・・・それが最善です。



長らく続く日本経済の低迷。
高齢化社会、人口減少・・・日本が抱えるリスクは少なくありません。
その中でどうたくましく生きていくか。


先日、あるテレビ番組で、北欧諸国では、納税者の意識が高く、
選挙の投票率も高いということが紹介されていました。


「納めた税金を納得いく形で使ってほしい」という国民感情の表れ
だそうです。それを見て、「あるべき姿」を見た気がしました。
(ちなみに投票率が7~8割にのぼるそうです)


今回の総選挙。
ひとりひとりの判断をもって投票をしていきたいものですね。



▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top