• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

再度、防災について見直しましょう

2014年10月03日

先日、御嶽山が噴火しました。
亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災者に心からお見舞いを申し上げます。



2011年3月11日の東日本大震災以降、
防災への意識は高まっていたつもりでしたが、
やはり突然のニュースには衝撃を受けました。

地震、水害、火山の噴火・・自然災害が立て続けに起こっている近年。

 

今後も、首都直下型地震や南海トラフ地震などの巨大地震が予想されます。
ここ30年~40年で発生する可能性が高いと言われています。
日ごろから備えていることで、いざという時に役立つのではないでしょうか。


大きな地震が発生した場合、広域で停電することが想定されます。
首都直下型地震では、電気の供給量が5割まで減少する状態が、
1週間以上にもなる可能性があるそうです。


停電が続くと生活が一変します。
冷暖房が使えない、冷蔵庫も使えない、もちろん照明もですね。


マンションに居住されている方ですと、
エレベーターは止まり、給水ポンプも稼動しなくなります。
生活用水を階段を使って運ぶことにも・・・。


地震の規模にもよりますが、
電気以外のライフラインの復旧には、相当の時間を要すると予想されます。


今回の噴火も含め、予想を超える自然現象。
すべてのケースを想定することは到底できませんが、
出来ることはしておきたいものです。


各家庭・オフィスには
お水、食料を最低3日~1週間分くらい準備しておくと良いそうです。

また、災害が起こった際に具体的にどのように非難するのが安全かを考えたり、
ご家族内での取り決めを行っておくのも大切です。


万が一に備えて、今できることを出来る限り準備しておきましょう。


【首相官邸ホームページ】
災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html

【国土交通省ホームページ】
ハザードマップポータルサイト
http://disapotal.gsi.go.jp/

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top