• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

離婚後の家 突然の競売通知 

2013年11月08日

先日も離婚後の任意売却についてお話ししましたが、

離婚した女性からの相談に多いパターンとして、妻が連帯保証人になっている場合や、

離婚もしくは別居をしたのち、妻と子どもが、住宅ローンを組んでいる家に引き続き住んでいる

ケースがあります。

 

このように、妻や子どもが引き続き住んでいる場合、

ほとんどの方が、家のローンの支払いはすべて別れた夫任せにしています。

別居や離婚理由にもよるかもしれませんが、大抵の場合、頻繁に連絡を

とりたくない、ということも一因かもしれません。

 

 

そして、「まさか支払いをしないわけがないだろう」と思っていたところに、

ある日突然、裁判所から競売の通知が来るなどして、驚いて、

ご相談の電話をかけてこられるケースが圧倒的に多いのです。

 

 

妻は驚きと不安と怒りで、夫に連絡を取り、「これからどうするの!」と詰め寄ります。

決まって夫からは、「なんとかするから」という、あいまいな返事しか返ってこないのです。

 

 

しかし、裁判所から通知が来るまでほったらかしにしておいて、

いまさら、「なんとかする」ことは不可能に近いというのが現実です・・・。

 

 

すでに連絡がとれなくなってしまった、という方も中にはいらっしゃいます。

今のこの家での生活もある、相手の状況が把握できない、

不安や焦りが募ってきます。

 

 

最近では、離婚に関するご相談が急増しており、多くのケースに対応しています。

直接連絡を取りたくない場合も、間に入ってお話し合いを進めます。

 

もし、同じような状況で不安を抱えられている方は、一度ご相談ください。

 

 

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top