• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

離婚とマイホーム問題

2014年01月10日

任意売却のご相談で多いのが、「離婚」です。


養育費や財産分与、お子さんのことなど、離婚時にお話し合いすべき
内容はたくさんあります。
その中でも、「マイホームをどうするのか」というのは特に大きな
問題ではないでしょうか。

 

当然、購入当初の返済計画が大きく変わるので、しっかりと解決しておきましょう。

離婚時に自宅を売却して、住宅ローンが残らない方は特に問題はありません。
ですが、オーバーローンで通常の売却ができない方は任意売却の検討が必要です。

一方、自宅を維持する場合も、ご夫婦で共有名義で購入している方、妻が連帯保証人
なられている方は特に注意が必要です。その債務は離婚とは関係なく、完済するまで続きます。


また、妻側が住み続けて、夫が養育費がわりに返済をしているという場合も、
夫の生活・経済状況によって家を維持できない状況に陥る可能性もあるのです。

現に、妻側が「別れた夫が返済を約束していたのに、滞納されていた」という
のが最も多いご相談内容なのです。




このように、ご自宅の問題は離婚時にすっきりと解決することがベストですが、
未解決事項として残る場合があります。
マイホームの問題は、解決に時間がかかる、実際に生活をしている場所であることから
後まわしにせざるをえないのかもしれません。





上記のように、離婚後に住宅ローンの問題が出てきた場合も、投げやりになる
必要はありません。
どんな理由にせよ、せっかく離婚という選択で新しい生活をスタートされた訳です。
「あの時こうしていれば」と後悔を並べるよりも、「この機会に解決してしまおう」と
再出発して頂ければと思います。



しかし、中には、元夫と連絡がつかないという方もいます。
事情があって絶対に直接会話をしたくないという方もいます。

ご相談者の方の事情に合わせて専門相談員がお手伝いするので、しっかりと解決しましょう。


▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top