• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

オリンピック開催決定で中小企業はどうなる?

2013年09月11日

2020年に東京でオリンピック、パラリンピックの開催が決定しました。

 

テレビや新聞は、この報道で持ちきりですね。

 

オリンピック開催の決定のニュースから、

なにやら日本全体に活気が出てきたように感じるのは

私だけではないでしょうね。

 

東京でのオリンピック開催が決まった翌日の株価は、

大幅に上昇しました。

 

特に、建築、不動産、観光、スポーツ関係の株価が上昇しました。

 

 

日経平均も300円超も上昇しました。

 

 

「オリンピックがあっても儲かるのは大企業だけ」と

言われたりしますが、果たしてそうでしょうか?

 

 

昨年末からのアベノミクスの影響を受けて

多くの上場企業は軒並み、業績を回復させているようです。

 

私の元へ任意売却の相談に来る方にも、中小企業の経営者の方は

多くいますが、景気の良い話を耳にすることはありません。

 

 

 

しかし、こんなデーターがあります。

 

日本の企業数は約421万社。

 

 

そのうち大企業は約1万社、率にしてわずか0.2%。

 

 

しかし、その大企業が利益では70%、そして、

なんと納税においては50%ものシェアを占めているのです。

 

 

たった0.2%の会社が、日本の法人税の50%を払ってくれているのです。

 

 

アベノミクス第3の矢で、設備投資を促していますが

そこでも大企業は70%近くもシェアを取っているのです。

 

更には、大企業の下請け、孫請けの仕事をされている中小企業も

多くあるわけですから、大企業が栄えても、大企業だけが

得をするということではないのです。

 

 

 

これまでの日本の景気も、東京が好景気になってから、

それが地方に派生するというパターンを繰り返しています。

 

これと同じように、大企業が栄えてからその後に、

中小企業にそれが派生することになると思うのです。

 

 

東京で開催が決まったオリンピック、パラリンピックで、

デフレ脱却、好景気を迎える可能性が極めて高くなりましたが、

その波はきっと中小企業にもやってくるでしょう。

 

期待を込めて、そう願っています。

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top