• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

インターネットバンキングを悪用した不正送金事件

2014年11月11日

金融機関から、「メールアドレスの確認」や「本人認証サービス」などの件名で

メールが届いていないでしょうか?

 

ネットバンキングなどのパスワードを巧みに聞き出す詐欺が横行しており、

オレオレ詐欺のように人を疑わなかったことが

結果的に詐欺被害に繋がってしまったという方も多いでしょう。

  

そのような事件が、様々なメディアでも取り上げられ、

消費者の警戒は大きく改善された印象を受けます。

 

しかし、今度はその「警戒心」をターゲットにした手口が新たに出てきているようです。

ネットバンクの口座を持っていたり、

金融機関のネットサービスをご利用の方であれば、

情報が盗まれないか・・・?と不安に思われる気持ちはあると思います。

 

 

そこで、パスワードを盗まれないために、

新しいものに変更するよう勧めるような内容であったり、

何かしらの理由をつけて金融機関名義でメールが送られてきます。

 

もちろん、全てが偽者というわけではないでしょう。

 

 

しかし、ある銀行のホームページには、

 

「電子メールで、インターネットバンキングのパスワード等の

 入力をお願いすることはありません。ご注意ください」

 

との注意喚起の記載があります。

 

 

また、インターネットバンキング専用の無料ウィルス対策ソフト

の案内を掲載しているところもあるようです。

 

 

 

それだけ被害が拡大しているということなのでしょう。

被害に遭わないよう、気をつけましょう。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top