• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

無くならない「特殊詐欺(オレオレ詐欺)」被害

2014年10月22日

これまでにも度々メディアで取り上げられ、

その悪質性が問題視されてきた「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」

 

一時期と比較するとニュース番組などで見かけることが少なくなりましたが、

未だにこれらオレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害は相次いでいます。

 

 

警視庁が把握する被害情報だけでも、

平成26年上半期の特殊詐欺の被害件数は全国で6,167件(前年比+14.4%)。

その被害額はなんと約268億円にも及びます。

被害額は前年同期と比較して、26.5%、約56億円も増加しているのです。

 

オレオレ詐欺とは、お金に困った息子や孫のふりをして被害者に電話をかけ、

言葉巧みに振込みをさせるという詐欺行為。

 

被害が相次ぎ連日各種メディアで取り上げられたことで

被害は沈静化すると思われましたが、

残念ながら現在に至ってもまだ被害は増えている状況です。

 

 

 

また、被害が知られ始めた当初、お金を受け取る手口は振込みが主流でしたが、

そこから足がついて検挙された詐欺グループは多く、

検挙を恐れて最近では手口も多様化しています。

 

受け子と呼ばれる詐欺師への手渡しであったり、

足がつきにくいレターパックで現金を送らせるよう指示するなど、

手口の多様化、悪質化が進む一方といえます。

 

 

また、被害者の年代別件数でみると、

70代、80代、60代の順に多く被害が発生しています。

 

このような子や孫を思う気持ちにつけこむような詐欺は、

決して許されることではありません。

 

 

 

警視庁ホームページでは、特殊被害撲滅のために

被害詳細などを情報公開し、様々な呼びかけをしています。

 

 

■警視庁|それは詐欺かも・・・被害にあっていませんか?今すぐ確認

■警視庁|振り込め詐欺 こんな言葉が出たら、詐欺だ!

■警視庁|振り込め詐欺 被害の実態(調査結果)

 

 

 

「まさかうちの親が・・・」

と、自分の親が被害に合いショックを受けている様子を

テレビで何度もお見かけしました。

 

 

あなたのご両親が被害に合わないように、

日ごろから注意を呼びかけてあげてください。

 

 

一日も早く被害が0件になることを願います。

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top