• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

住宅ローン破綻!こんな家が危ない②

2013年10月25日

今日は、前回お伝えした「住宅ローンの破綻、こんな家が危ない」というお話の

続きになります。

 

当てはまる・・・という方は要注意です!

 

その2 『家の掃除が行き届いていない』

 

これは、サラ金やクレジットなどの多重債務者にも言えることですが、

お金に困っている人の家はまず、散らかっている場合が多い。

 

 

散らかっているからお金が入ってこないのか?

お金が入ってこないから、掃除をする気にもなれないのか?

 

 

最近になって、お金や運気と掃除との関連性を唱えた本がよく出版されていますが、

やはりお金と掃除は、なにやら関係しているとしか思えないというのが実感です。

特に、トイレや玄関には、そのお宅の状況が表れていることが多いです。

 

 

自分は金運がない!と思う人は、玄関とトイレの掃除に力を入れてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

その3 『お金に大ざっぱ』

 

住宅ローンの支払いに困る人の3つ目の共通点は、お金に対して大雑把な性格、

いわゆる「ドンブリ勘定」であるということ。

 

 

家という大きな買い物をしたにもかかわらず、買ったことで関心が途切れるのでしょうか、

ローンの支払い額や金利に対して途端に無頓着になってしまうのです。

 

 

 

例えば、市町村により異なりますが、子育て世代の金利優遇や、

住宅ローン減税、住宅ローンの借り換え、繰り上げ返済など・・・

制度や方法を「知っている」「知っていない」で返済額が異なります。

 

しかし、そもそも、知ろうともしない人がいかに多いことでしょう。

 

中には返済が苦しくなってきて、一時しのぎのために消費者金融から

お金を借りて住宅ローンを支払う人もいます。

 

 

 

2~3%台の金利の返済に20%超の金利のお金を借りて返済しても、

いつかは行き詰るのは目に見えています。

でも、現実と向き合わず、ドンブリ勘定的に状況を把握してしまっているのかもしれません。

 

 

 

日ごろの買い物では、売り出しチラシを比較して1円でも安い方をと検討するのに、

住宅ローンの金利などは自分で比較、検討せずに、不動産業者などに言われるがままの

場合がいかに多いことでしょう。

 

確かに分かりやすい情報が少ないと言うことも理由の一つなのですが・・・。

 

 

 

 

 

これまで述べてきた3つの「よくある共通点」に当てはまる人は、

住宅ローンの支払いに困る危険があります。

 

 

住宅ローンを組んだら、夫婦仲良く、よく掃除をして家をキレイにし、

出て行くお金に注意を払い、入ってくるお金を増やす努力をする。

これを心がけてみてください。

 

なお、入ってくるお金を増やすといっても、ギャンブルや宝くじなどに運を任せてはいけませんよ。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top