• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

住宅ローン破綻!こんな家が危ない 

2013年10月23日

長年、不動産と金融の仕事にかかわってくる中で、住宅ローンの支払いに困り、

自宅が競売になってしまう人にはある共通点があることが分かってきました。

共通点は、大きく分けると3つあります。

 

あなたはどうでしょうか。

 

その1 『夫婦の仲が悪い』

 

お金がなければ、人間はイライラするもの。

家庭にもそのイライラの空気が充満し、夫は妻に、妻は夫に不満をぶつけます。

 

こうなったのは、「あなたのせいだ」と妻は言い、

夫は、「オレだって一生懸命働いてきた」と反論。

 

 

しかし、夫婦でもめても何も解決はしません。

 

なぜなら、問題は、「お金がないこと」なのですから。

お金が用意できなければ、金融機関は待ってくれません。

粛々と競売の手続きが進んでいくだけです。

 

 

お金がないと、誰だって将来に不安を感じます。

イライラして、落ち着きがなくなり、長期的な視点にたって物事を判断など

できなくなります。ちょっとした夫婦ケンカが発端で、「もう離婚だ!」と

大問題に発展したりもします。

 

 

冷静さが欠如して、怒りや悲しみの感情がそのまま表れるのですから。

 

こうなると、夫婦間だけでなく、兄弟であれ、親子であれ、友達であれ、

良い人間関係など築けるはずはありません。

 

 

離婚にしろ、兄弟の仲違い、親子の離縁、共同経営の破綻など、

お金が引き金になっているケースは山ほどあります。

 

家庭を守るために、家族を守るために、そして、家を守るために、

まずは、夫婦の仲を健全に保つ必要があります。

 

 

~つづく~

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top