• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

競売になったら・・・。その1

2013年09月17日

住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合、

金融機関は、その不動産を差し押さえます。

そうなってしまえば、後はルールにのっとって、競売にかけられるだけです。

 

しかし、競売になってしまうと様々なデメリットが出てきます。

 

 

住宅ローンの支払いが滞ると、早ければ3カ月、遅くても6カ月でその不動産は

差押えされます。そうなれば、競売に出され、裁判所の主導のもと入札が行われます。

 

 

数日後に買受人が決まれば、元々の所有者は買受人に対抗することなく、

退去しなければなりません。つまり、無条件に家が取られるということです。

買受人の購入価格よりも残債務が多ければ、当然、借金は残ってしまいます。

 

 

 

これ以外にも、競売になると所有者にとってわずらわしいことが出てきます。

そのひとつに、「競売情報」という本に自宅の情報が載ってしまうことがあります。

 

 

この本は、競売の不動産を扱う業者にとって大切な情報源のひとつであり、

これをもとに、入札価格などをどのように検討しています。

 

 

住宅ローンなどの支払いができずに競売にかけられるとこの本に掲載されることになります。

物件の所在はもちろん、所有者の氏名やどこからいくらお金を借りたのか、誰が住んでいるのか、

なども克明に書かれているのです。

 

 

また、外観や室内の写真まで載っているので、生活観が露骨に感じられるときがあります。

裁判所の権限で調査したものなので、その情報にも信憑性があります。

 

 

次回は、この「競売情報」について、もう少しお話したいと思います。

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top