• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

「競売になった! どうしたら良い?」

2013年09月13日

「競売になったので家が取られる! どうしたら良いんでしょうか・・・」

 

このような電話は、住宅ローンの支払いができずに

競売になってしまった人からの相談です。

 

結論からいうと、競売の入札が始まってしまうともう手遅れで、

どうすることもできません。

 

競落人(競売で落札した人)に権利が移ると、

あなたはそこに住む「入居者」ではなく「占有者」になってしまうのです。

 

しかし、最後の「悪あがき」ができないこともありません。

 

 

どのようにするのかというと、いたって簡単で、

競落人から「出て行ってください」といわれたら、

「すぐに出て行きたいのですが、お金がないから引っ越しができない。

だから、引っ越し代をください」と素直にお願いするのです。

 

 

もちろん、競落人が引っ越し代を支払う義務はありません。

 

 

しかし、今の日本の法律ではたとえ競落人といえども、

簡単に追い出すことはできません。

 

出て行ってもらうためには、競落人は、「引渡し命令」という

「強制的に追い出しができるという許可」を裁判所から取る必要があるのです。

 

 

この手続きをするのには、1カ月以上の時間と数十万円の費用がかかります。

ですから、ほとんどの競落人は、その時間と費用を払って占有者を追い出すか、

占有者に数万円から数十万円のお金を払って出て行ってもらうかの選択をすることになります。

 

 

 

しかし、これはあくまでも「悪あがき」です。

どういった形で出ていくことになるかを、自分で選択することはできません。

競売になる前に相談されることが肝心です。

 

 

そして、任意売却には時間制限があります。

競売の開札がスタートすると行えません。

 

それまでに、ご自宅の売却を完了しなければなりません。残りわずかな日数で解決

する方もいますが、「返済を滞納しそう」「今後の返済計画を立てられない!」と

なった時点でご相談ください。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top