• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

限られた時間の中にも可能性はあります。

2013年11月22日


任意売却には行える期間というのがあります。



競売が始まる前日までにすべての手続きを完了する必要があります。
通常は3ヶ月以上かかりますので、住宅ローンを滞納している方には、
なるべく早くご相談にお越し頂きたいと思っています。


しかし、裁判所の通知が来てからのご相談でも間に合います。
最後まで諦めずに解決への道を探しましょう。

 

今日は、競売開始まであと20日というところで
解決された方の経緯をご紹介したいと思います。



自己破産の手続きを終えた坂本さん(仮名)は、
弁護士から「債務の免責がおりたから借金はゼロになりましたよ」
と連絡をもらったところでした。



しかし、家を出ようにも、引越費用すらなく、身動きのとれない
状況に不安が募り、こちらにご相談下さいました。




東山さんは自営業でした。住宅ローンはサラリーマン時代に組み、
毎月8万+ボーナス払いの30万を返済してきました。
しかし、独立後は、不況の影響で取引先が相次いで倒産。
クレジットカードや消費者金融からの借入れでなんとかしのんで
いましたが、すべての支払いが極めて困難な状況に。



最終的に住宅ローン以外の借金が1,000万円にのぼり、
友人の紹介で弁護士事務所に相談に行き、自己破産に踏み切りました。




残り20日。
それまでに自宅を売却することが可能なのか・・・。



時間が限られていることもあり、
こちらに登録してくださっている投資家さんの協力を募りました。
すぐに協力頂いている方が見つかり、無事に競売を回避することが
できました。




非常に厳しい状況ではありましたが、坂本さんと足並みをそろえて
解決にあたれたこと、投資家さんのご協力もあり、
引越費用を捻出することができました。





・競売開始まで時間が迫っている方
・自己破産をした方、しようと検討している方



そういった方も、お早めにご相談ください。
時間がないからこそ、打てる手はすべて打ちましょう。

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top