• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

住宅ローンの借入先を選ぶ理由とは?

2014年10月15日

住宅ローンを組む際、どこから借入れをするかは
非常に重要な選択と言えるでしょう。

35年ローンであれば、
35年間お付き合いをしていかなくてはなりません。

また、途中で借り換えするのは必ずできることではないため、
繰り上げ返済の手数料や金利など様々な要因で選ぶ必要があります。

住宅ローン専門の金融機関、AllAbout(生活総合情報サイト)の調査によると、
借りれ先を選んだ理由のトップは「金利が低かったこと」とのこと。

 

この回答は、自分で借りれ先を決めた人も、
業者から紹介された人も1番多く、
「金利が低かったから」が50%以上もありました。

2位以降には、
「繰上げ返済を自由にできる」というものが挙げられ、
少しでも早く完済したいという希望が見られますね。

 

また、実際の満足度については、
自分で探した人の満足度が56.2%に対し、
業者の紹介で選んだ人は47.2%と下回る結果に。

 

マイホームを購入する際には、予算ももちろんですが
実際に住む家選びに一番力を注ぐものでしょう。

依頼する不動産会社からの紹介であれば手間が省けるし、
スムーズにことが運ぶだろうから・・・といった理由で
そのまま進める人が大多数ではないでしょうか。

しかし、今回の調査からもわかるように、
やはり「自分で選んだ」という意識が満足度につながり、
万が一何か不都合があった場合でも納得がいくというもの。

 

最近ではネット銀行で住宅ローンを組む方も増えており、
より自分で選び、自分で手続きをするという方が
以前より更に増えている傾向にあるようですね。

 

どこの銀行だから安心、どこの銀行は不安など、
一概には言えません。
また、業者に任せたから安心、とも言えないでしょう。

 

いずれにしても大切なのは、

・無理なく返済を継続していける予算内で組む
・購入時の諸費用も差し引いて計算する
・万が一のときを想定して余裕をもった計算をする

など、今後の生活状況を具体的に考えて、
購入予算と返済計画を立てることです。

 

良い物件が見つかると、つい当初の予算より上乗せして
勢い良く購入してしまうというのもありがちな話。

しかし、大切なのはそれ以降の生活ですから、
ぼんやりではなく具体的な計算で計画を立てましょう。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top