• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

任意売却の訪問業者トラブル

2013年12月27日


最近、首都圏・関西圏の方から
「任意売却を勧めてくれる業者さんに依頼していたが、連絡がなくなって・・」
といったご相談が多数寄せられています。

 

詳しくお話を聞くと、

何度も足を運んでくれる訪問業者の担当者が
「このお家を購入したいという方が既に見つかっているんです」
と言われて依頼したけれど、その後、連絡がなくなったというケースが多いようです。


「心配だから」と何度も家に来てくれていて・・・
相談者の方がそうおっしゃられているので、おそらく人当たりの良い
担当者だったのではないかと思います。



訪問業者の言っていることが本当なら、ご相談者の方にとって有益な情報です。
ですが、任意売却をする上では、金融機関に申し出る前にこのような話が
出ることは不自然です。


なぜなら・・・


任意売却は、債務者が任意売却業者を通して、金融機関に対して
「任意売却をしたい」と了解を得ることからスタートします。
そして、金融機関が「○○円以上で売却してください」という基準価格を示します。
この価格をもとに販売活動を行います。



ですので、この価格が出る前に、購入希望者が出ているというのは・・・???




また、「引越し代として70万円お渡しします」と言われて依頼したが、
途中で音信不通になるというトラブルも。
この場合も同じく、金融機関とのお話の前に約束できるはずがありません。






上記のようなご相談が立て続けに寄せられています。



もし、ご相談者の希望通りに話が進んでいる状況であれば問題ありません。
ですが、少し心配になってきた、という方はご相談ください。

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top