• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

“払えなくなる”と感じたときに・・・

2013年08月29日

借金に対する意識をちょっと変えるだけで、あなたが置かれた状況は大きく変わります。

 

「借りたものは返す」ということは、当たり前のことですから、

当然ながら返す努力をしなくてはなりません。

 

ただ、住宅ローンを払って家を守るということだけに集中してしまい、

家族や人生までも破綻させてしまう人も少なくありません。

 

 

 

住宅ローンの金利は安いもので1%から2%くらいでしょう。

その返済を消費者金融などから借りて返済する人が多くいらっしゃいます。

 

安い金利で借り入れた住宅ローンなのに、

その返済のために20%近くもする金利の消費者金融などからの借り入れを

繰り返せば、いつかは破綻することが予想できます。

 

 

また、親、兄弟からも借金をしてみんなを巻き込んでしまい、

身内との関係までも悪化してしまう方も中にはいらっしゃいます。

 

 

 

借り入れができなくなれば、債務整理自己破産に追い込まれるでしょう。

 

 

 

しかし、当事者は

「返済しなければならない」

「自宅を守らなければならない」

という思いから、冷静になれないケースが多々あります。

 

しかも、このように借金を重ね、無理をしてしまう方には

真面目な性格の人が多いのです。

 

 

高い金利のお金を借りて、挙句の果てに支払いに困って家庭不和に。

夫婦ケンカを繰り返して、その後は離婚、子どもは言うことを聞かなくなる。

 

仕事も手につかず、退職を追い込まれたりして、

最終的には自己破産を選択せざるを得ない。

 

 

 

 

 

 

これらのことは、決して他人ごとではありません。

すべての破綻の引き金が住宅ローンにあることも少なくありません。

 

 

 

そうならないためにも、“払えなくなってから”ではなく、

“払えなくなると感じたとき”にご相談ください。

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top