• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

不動産投資の落とし穴

2013年11月11日

不動産投資について、このコラムでも何度も触れていますが、

改めてお伝えしたいと思います。

 

 

本屋に行けば投資関係の本があふれています。

株式投資はもちろん、FX、先物、商品などなど。

 

仕事柄、「不動産投資はどうですか?」と聞かれることが多いのですが、

私の答えは、基本的には「NO」。

 

不動産投資に限らず、投資というのは目利きが勝負です。

「本当に価値があるか?」

「需要のある地域か?」

「将来性はどうか?」

「リスクやランニングコストはどうか?」

 

 

 

 

このあたりのことを瞬時に判断しなければならないのですが、

当然ながら日ごろから不動産に携わっていない人には、

これらを理解するのは到底困難な世界です。

 

 

 

さらに、不動産投資の場合もっとも怖い点は、

株や債権と違って換金までに時間を要するところ。

 

 

特に今のような、不動産価格の下降局面の場合はなおさらです。

大切なお金が塩漬けになってしまい、

ランニングコストで自己資金の持ち出しということがあったするともう最悪。

 

 

また、不動産投資ビジネスの場合は言うまでもなく情報が命。

 

 

 

不動産投資の本を見ると、

「不動産会社の営業マンと仲良くなって情報を貰う」などとあります。

思わず吹き出してしまうような内容です。

 

 

 

海千山千の不動産会社の営業マンが、

一般の方により良い投資情報を提供するとは考えられません。

 

 

ある程度、情報が集まる不動産会社の営業マンなら、

いつも購入してくれる資金力のある顧客をすでに抱えており、

その顧客に儲けてもらい、また買ってもらうという狙いがあるのです。

 

 

ですから、不動産の知識のない人が不動産会社の営業マンに接近しても、

多額の手数料を取られカモにされてしまう恐れもあります。

 

 

 

とはいえ、リスクは伴うものの、不動産投資には、

少ない資金でも借入をして事業に参入し、大きな利益を得ることができるのも確か。

 

また、マンションオーナーというのは、ステータスもあり、魅力的に感じる人もいます。

 

 

いずれにしても、本で読んだことを鵜呑みにして、安易に投資しないようにしてください。

 

 

そして、すでにマンション投資でお困りの方はご相談ください。

 

 

 

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top