• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

ブラックリスト その2

2013年09月01日

住宅ローンを滞納すると、いったいどのような処理がなされているのでしょうか?

 

金融機関は、返済が遅れ遅れの債権の場合、不良債権と見なして、

子会社(不良債権の受け皿会社)に売却します。

 

子会社は、親会社に対しその借入金を、借入れをしている本人の代わりに返済します。

親会社はこれで不良債権を処理できるのですが、これを「代位弁済」といいます。

 

こういう状況では、借入れしている本人には、お金を借りた銀行ではなく、

子会社から請求書が来ます。こうなると、個人信用情報に「代位弁済」と記載され、

いわゆる「ブラックリスト」の仲間入りというわけです。

 

 

住宅ローンであろうと、消費者ローンであろうと、ほとんどの金融機関は、

この個人信用情報を審査基準においています。

 

ですから、この個人信用情報に代位弁済と記載されていると、どこもお金を貸してくれません。

 

ちなみに、その記載期間は5年間で、個人破産の場合は7年といわれています。

 

 

「たった5万円の残債だけなのに」

という人もいましたが、金額が多いか少ないかは関係ありません。

1万円だろうが、100万円だろうが、ひとたびブラックリスト扱いになると、

どこからも借り入れはできなくなります。

 

 

「えっ~! 私もブラックリスト?」となってからでは遅いのです。

 

 

 

最後に注意点をひとつ。

 

クレジット会社が発行しているカードを作るだけでこの個人信用情報に登録されるので、

安易にはカードを作り過ぎないことも大切です。

 

あなたの個人信用情報については、身分証明書さえあればご自身で見ることができます。

個人信用情報について不安に思っている人は、自分がどのように登録されているのか、

チェックすることをお勧めします。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top