• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

ブラックリスト その1

2013年08月31日

「ブラックリストってあるのですか?」とご質問される方がいます。

結論から言うと、〝ブラックリスト〟という名のリストはありません。

 

ただ、それを意味する情報として、「個人信用情報」というものがあります。

業界では、略して「個信(こしん)」とも呼ばれています。

 

「個信」とは、生年月日と名前だけで、その人の借入金履歴を見ることができる

というもので、借り入れ金の返済が一定期間遅れると、この個人信用情報に

「事故」という形で登録されてしまいます。

 

 

事故という形で登録されてしまうことが、

「ブラックリストに載る」とイコールだといっていいでしょう。

 

 

もちろん、債務整理や破産をしてもブラックリストの仲間入りです。

ちなみに、破産をすれば7年から10年、 返済が滞ったりする事故であれば5年間

その情報が登録されます。

 

 

ブラックリスト扱いになると、どこの金融機関もお金を貸してくれません。

 

 

 

この個人信用情報を扱っているところは大きく分けると3カ所。

ひとつは、銀行系、もうひとつは、クレジットや信販系。最後は、消費者金融系。

 

 

 

一昔前までは、銀行は銀行系、クレジットはクレジット系、消費者金融系は消費者金融系だけの

個人情報しか見ることができなかったのですが、今は、銀行やクレジット会社、消費者金融との

統合がすすみ、それぞれの個人信用情報を調査することができます。

 

 

この個人信用情報を、金融機関は融資する際の審査に利用するのです。

 

 

 

住宅ローンやクレジットカードなどは引き落しなどが3ヶ月遅れた時点で

ブラックリスト扱いとなります。

 

 

「任意売却をしたらブラックリスト扱いになるの?」という

ご質問を頂くことがありますが、

正確には、任意売却をしたら個人信用保証に登録されるのではなく、

住宅ローンを3ヶ月滞納した時点で登録されます。

 

次回も引き続き、ブラックリストについてのお話をさせて頂きますね。

 

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top