• ホームへ
  • 任意売却とは
  • 3つの解決法
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 相談員の紹介
  • 協会について
  • お問い合わせ

代表理事コラム

後回しにできない税金滞納

2014年01月06日

今日は税金の滞納についてのお話です。



政府は、税金を滞納した個人や企業が、国による財産の差押さえの延期を
申請できる制度を2015年4月から導入することを発表しました。



対象となるのは、支払いの意思はあるが期限までに納付することができず、
財産を差押さえられると生活が困難になる個人や企業です。
主に零細の個人事業主が想定されています。

 

これまでも「猶予」の措置はありましたが、手続きに時間がかかり、
その分、多くの延滞税を支払わなければなりませんでした。




納付期限を過ぎた後でも支払いやすい環境をつくることで、
事業や生活の再建を優先してもらい、滞納税を回収しやすくなる、という狙いです。





任意売却でご相談に来られる方にも、税金を滞納されている方がたくさんいます。
税金となると後回しにしてしまう方が多いようです。



ですが、税金の滞納を甘く見てはいけません。


保険料や税金を滞納していると、住宅ローンを滞納していないのに自宅を
差押さえられることがあります。それを放っておくと、競売と同様の競争入札方式で
ご自宅が売りに出されてしまうのです。


また、自己破産をしたら滞納した税金もゼロになる、ということもありません。
税金や保険料などの滞納分は免責されないのです。




とはいえ、そもそも、どちらも支払いたくても支払えないという状況に
なった方が毎日の暮らしの中で悩まれるわけです。

そういった方にとって、滞納額が増大する前に、差押さえ延期という選択肢が増えた
ことはプラスに働くのではないでしょうか。



その期間の中で、生活再建に向けて、収入の立て直しをはかったり、
ご自宅の問題の検討が可能になります。




いずれにしても、住宅ローンや税金の滞納については、後回しにせずに、
問題が起きた時点で解決策を練りましょう。

▶ 一覧へ戻る

お電話でのお問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。

東日本:0120-69-1108/西日本:0120-57-1108【無料相談・秘密厳守】受付/9:30?18:30(土日祝OK)
メール相談

任意売却について、メールでのご相談は24時間受付しております。

資料請求はこちらから

任意売却についての詳しい資料を無料でお送りします。

メールの相談はこちら 24時間受付中

Page Top