住宅ローンの勘違い?!リースバックで危機を回避

こんにちは。任意売却コンサルタントの小野です。

 

学校は夏休みのシーズンになり、

通勤電車が少し空いていて、

学生ってうらやましいな、と思うこの頃です。

 

さて、先日問題を解決できたお客様のことです。

 

加藤恵美子さん(仮名)は、さいたま市にお子様3人とお住まいでした。

 

ご主人は5年前に脳溢血で亡くなり、

団体信用生命保険が支払われて、

住宅ローンの残高は全くない状態でした。

 

加藤さん自身も働いており、

マンションの管理費や修繕積立金を支払っていくには

余裕のある生活を送られていました。

 

しかし、そのことが思いがけない展開になるのです。

 

住宅ローンもないと思い管理費だけ払っていましたが、

税金の支払いを忘れてしまっていました。

 

そして、さいたま市からマンションの差押を受けることになったのです。

 

加藤さんは、ご主人名義で届くマンション関係の書類は、

もう自分には関係ないと、破棄してしまっていたそうです。

 

そこには、固定資産税と都市計画税の支払いの督促も含まれていて、

とうとう差押を受けるに至ったのです。

 

その額が、延滞金も含めて、なんと300万円!

 

加藤さんは、頭が真っ白になりました。

「住宅ローンの中に税金が含まれていると勘違いしていました。」

どうしようかと、加藤さんはとても不安になりました。

 

そして私ども、全日本任意売却支援協会に相談に来られ、

「家は手放したくないこと」

 

お子さん3人も正社員やアルバイトで働いており、

家賃の支払いは十分にできることから、

住み続けと買い戻し(セール&リースバック)をご希望されました。

 

加藤さんの希望も踏まえ、

全日本任意売却支援協会で投資家を募りました。

 

マンション自体の立地は良くなかったのですが、

安定的に家賃をお支払いできる加藤さんの経済面などを考慮してもらい、

協力してくれる投資家さんをなんとか見つけ、

住み続けることが出来るようになったのです。

 

今は、ご家族4人で力を合わせて、

再度、自分たちが自宅を買い戻せる日を夢みて、

家賃を支払いながらお金を貯めているそうです。

 

住宅ローンや管理費や固定資産税が

きちんとお支払いされているか、

見直してみて見ることをお勧め致します。

 

終わり

 

リースバック

住み続ける方法(リースバック) Q&A

  1. 売却しても借入れは残りそうですが、住み続けられますか?
  2. 子どもの中学卒業までなんとか住み続けられますか?
  3. 高齢のためローンのない家をリースバックで住み続けたい。
  4. リースバックをすると不動産の所有者の名義はどうなりますか?
  5. リースバックの家賃はどうやって決まるんですか?

リースバック 関連ページ