任意売却で親子間売買が成立した事例です

任意売却の専門相談員の小野です。

 

今回は、先日、任意売却が完了した、

親子間売買のお話をさせて頂きます。

 

ご相談に来られたAさんは、現在67歳。

 

oyakokanbaibai_20160916

 

ご自身でご商売をされて約35年。

 

バブル崩壊や長い不景気も経験されましたが、

なんとかご商売を続けてきました。

 

ただ、今から約2年前、体調を悪くされ、

それ以来資金繰りが悪化。

 

取引先への支払いや住宅ローンの返済にも

苦慮することになってしまいました。

 

藁をも縋る思いで、

当協会に任意売却のご相談に来られました。

 

その時すでに、

住宅ローンの滞納は2回目になっていました。

 

お話を伺うと、

今まで住宅ローンの返済は滞ることはなく、

完済まで残り5年を切っています。

 

Aさんのご希望は、

「29歳の同居している次男に任意売却できないか?」

というものでした。

 

Aさんの残債務と市場価格を比べると、

市場価格の方がやや上回っています。

 

早速、親子間売買のため、

次男の方で住宅ローンの審査の申込みに入りました。

 

ただ、親子間売買での住宅ローンは

一切受け付けていないという金融機関も

少なくありません。

 

都市銀行は100%不可能です。

 

当協会の相談員は、

親子間売買に協力的な金融機関との実績も

豊富ですから、今回は可能性の高い金融機関2行に

事前審査の書類を提出しました。

 

そのうちの1行から事前審査の応諾を頂き、

お父さんを売主、次男を買主とした

任意売却の契約を締結。

 

先日無事に決済を終えられて、

「今まで通り住み慣れたご自宅で

普段通りの生活を送ることが出来ます。」

と大喜びでした。

 

当協会には「できればこのまま住み続けたい!」

という希望が大変多く寄せられます。

 

経験豊富な相談員が対応させて頂きますので、

諦めずに一度ご相談ください。

 

また早いご相談が解決への一番の近道です。

 

勇気を出してご連絡ください。

 

東日本の方はフリーダイヤル 0120-69-1108

西日本の方はフリーダイヤル 0120-57-1108

 

 

リースバック

リースバック 関連ページ

 住み続ける方法(リースバック) Q&A

  1. 売却しても借入れは残りそうですが、住み続けられますか?
  2. 子どもの中学卒業までなんとか住み続けられますか?
  3. 高齢のためローンのない家をリースバックで住み続けたい。
  4. リースバックをすると不動産の所有者の名義はどうなりますか?
  5. リースバックの家賃はどうやって決まるんですか?