親子間売買のメリットとデメリット

こんにちは。全日本任意売却支援協会の小野です。

「親子間売買の方法を教えてください。」

「親子間売買のメリット、デメリットを教えてください。」

このようなご相談を非常に多く受けます。

 

「代々、受け継いできた土地や家を守っていきたい。」あるいは「単純に親が住宅ローンを支払えなくなったので、自分が代わりに支払いたい。」など、親子間売買を希望する理由は様々です。

マイホーム

結論から申し上げますと、親子間売買は可能です。

ただし、親子間売買のメリットは非常に大きいものの、成功させるためには越えなくてはならない壁があり、少なからずデメリットもあります。

そこで、今回はそのメリットとデメリットを解説していきます。

それでは、気になるデメリットから見ていきましょう。

 

■デメリット1.取り扱っている不動産会社が少ない

巷にある不動産会社では、親子間売買を扱っていません。何故なら、そのノウハウが無いからです。

駅前にある、いわゆる不動産の仲介会社は、住宅ローンの取り扱いは抜群に上手です。「収入の低い人をどのように住宅ローンを借りられるようにするか。」これが仕事と言っても過言ではないくらい、住宅ローンをつけるのが本当にうまいです。

だから、件数の低い親子間売買のローンの借り方は、置き去りにされており、お店によっては店長でも分からないほどです。

 

■デメリット2.手間がかかる

親子間売買のローンは手間がかかります。

そのため、多くの不動産会社は、手間のかかる親子間売買のローンに注ぐエネルギーを他のお客さんに振り分けたいのです。

巷の不動産会社が、面倒だなと思ってしまうほど、大変なことだということです。だから、親子間売買は、それをしようとする方にも覚悟が必要だと思ってください。

要するに、簡単ではないということです。

 

以上、2つが主なデメリットです。次にメリットを見ましょう。

 

■メリット 家を守ることができる

せっかく手に入れたマイホーム。大切な思い入れのあるマイホーム。だからこそ、「他人に渡したくない。」「なんとかして守りたい。」と思うことは当然です。

親子間売買の最大のメリットは、まさにこれができることです。これが叶うのならば、デメリットなど大したことではありません。

手間はかかっても、条件さえそろえば可能なのです。

例えば、両親が年金暮らしで、住宅ローンや税金の支払いが追いつかない場合でも、息子さんなら住宅ローンを組みなおして、滞納している税金も住宅ローンも綺麗にすることができるのです。

 

今、親子間売買のご希望が増えてきています。お問い合わせの第一声が「親子間売買をしたいのですが・・・」という方もめずらしくありません。

あとは、その親子間売買をするにあたって、どこを相談先として選ぶのか。ご自分の目でしっかりと比較して見極めてください。

 

>>親子間売買について詳しくはこちら

 

任意売却とは

≪任意売却に関するページ≫

  1. 任意売却のデメリット
  2. 任意売却の費用
  3. 任意売却後の残債務について
  4. 任意売却によるリースバックで住み続ける

≪任意売却Q&A≫

  1. 住宅ローン以外に、複数の借入れがあります。任意売却はできますか?
  2. 手元に現金が無くて引越しもできません。それでも任意売却は可能ですか?
  3. すでに他社へ任意売却を依頼していますが、相談してもいいですか?