競売前日の任意売却。相談のきっかけは中学生の息子さん!

ono

全日本任意売却支援協会の小野です。

今回は、競売になる前日に任意売却できた方の事例をお伝えします。

 

江川一郎さん(仮名)は、ガソリンスタンドにお勤めの50歳。

千葉の実家の近くで、13歳になる息子さんと2人で住んでいました。

3年前に離婚をして、男手一つで息子さんを育てておりました。

 

 

 

中学生の息子

 

しかし、元々、奥さんの収入に助けられながら住宅ローンを払っていたので、

離婚してからは本当に大変だったそうです。

 

特にお子さんが中学に上がった1年前、教育費などで急速に収支バランスが悪化。

お子さんのために頑張りながらも、住宅ローンを後回しにしてしまったのです。

 

そして、銀行から一括請求、代位弁済、競売開始決定と、

どんどん悪い方向に進んでいき、とうとう競売の入札スケジュールが出たのです。

 

家に色々な人が、家を売りませんか?と毎日ように来出して、

手紙や封書もどっさり届いて、江川さんは、もうイイや、

と半ば自暴自棄になったそうです。

 

そんな江川さんを救ったのは、何と13歳の息子さんでした。

 

毎日家に届く封筒をお父さんに内緒で開封。

自分の家の置かれた状況をつかみ、離婚したお母さんに連絡を取ったのです!

 

別れた奥さんから全日本任意売却支援協会に連絡が入ったのは、

競売入札の20日前でした。

 

すぐに面談に来ていただき、江川さんに会えたのが入札の18日前。

債権者に連絡をして、もうとにかく色々な方に協力を求めて、

任意売却の契約にこぎつけたのが入札の9日前。

 

競売取り下げ費用を準備して、債権者にお金をお支払いしたのが、入札の前日でした。

自暴自棄になった江川さんに、任意売却と競売との比較を理解してもらうこと。

 

時間がない中で、協力者が見つかること。

江川さんが、逃げずに、仕事を休んで、契約決済に立ち会ってくれたこと。

 

そして、何より、息子さんが手紙を見て、別れたお母さんに電話したこと。

どのひとつが欠けても任意売却は成立しなかったし、

どれだけ私たちが頑張っても届かなかったと思います。

 

ですから、任意売却を成立させるためには、

当事者とその周りの人々の熱い気持ちが必要なのです。

諦めたら、競売になり、残債もたっぷり残るとこるだけです。

 

私たちも、今回の件は、とても学ぶことが多かったです。

江川さん、本当にありがとうごさいました。

 

おわり

 

任意売却とは

≪任意売却に関するページ≫

  1. 任意売却のデメリット
  2. 任意売却の費用
  3. 任意売却後の残債務について
  4. 任意売却によるリースバックで住み続ける

≪任意売却Q&A≫

  1. 住宅ローン以外に、複数の借入れがあります。任意売却はできますか?
  2. 手元に現金が無くて引越しもできません。それでも任意売却は可能ですか?
  3. すでに他社へ任意売却を依頼していますが、相談してもいいですか?