管理費滞納が膨らみ、管理組合からの競売を申し立てられる!?

hamasaki

こんにちは、任意売却コンサルタントの浜崎です。

 

全日本任意売却支援協会には多額の管理費等を滞納し、

マンション管理組合から競売を申し立てられた方

からの相談も数多く寄せられております。

 

管理費等は少しの滞納なら管理組合も待ってくれますが、

滞納額が高額になると、管理組合としてもマンションの保守等

に支障をきたすので、法的な手段をとってでも回収を図ろうとします。

 

そして、最終的に管理組合によって競売を申し立てられ、

強制的に退去させられます。

 

今回はマンション管理組合に競売を申し立てられましたが、

任意売却によって無事に取り下げが出来たお客様より

アンケートハガキを送っていただきましたので、ご紹介させて

いただきます。

 

aoshimasan

 

 

千葉県にお住いの青島さん(仮名)です。

青島さんは、千葉県にお住まいですが、都内に

昔住んでいたマンションを保有していました。

 

 

自分たちが千葉に引っ越した後は、賃貸しており、

毎月振り込まれる家賃で住宅ローンを返済して来ました。

 

 

青島さんは元々大手物流会社で働いていましたが、

定年後は知人の会社でアルバイトをしています。

 

 

奥様もパートで生活を支え、息子さんたちも独立したので、

夫婦2人が食べていけるだけの生活は問題なくできていました。

 

 

ところが、2年前にマンションの賃借人が退去してから、

家賃収入が無くなり、住宅ローンの支払い、管理費の支払い

が2人の肩に重くのしかかりました。

 

 

最初はわずかな貯蓄の中から足りない分を補てんして支払って

いましたが、すぐに貯蓄も底を尽き、住宅ローンを払えなくなりました。

 

 

遅れながらも住宅ローンの支払いを続けるがあまり、今度は管理費等

の滞納が始まり、ついには数十万円の滞納まで膨らみました。

 

 

部屋を貸そうにも、リフォーム費用が無く、かといって滞納管理費等も

高額なため支払いが出来ず、八方ふさがりになってしまったのです。

 

 

当然管理組合からも度重なる請求、催促を受けましたが、

青島さんは支払うお金が無く、管理組合への説明や

話し合いもしないまま月日だけが経過しました。

 

 

そして、ついに管理組合は滞納管理費等が100万円を超えた時点で、

青島さんの所有しているマンションの競売の申し立てを行いました。

 

 

青島さんは管理組合へ管理費の分納を何度もお願いしましたが、

聞き入れてもらえず、困り果てて当協会へ相談に来られました。

 

 

直ぐに管理組合の代理人弁護士へ連絡を取りましたが、

今回、管理組合は全額回収が絶対条件で1円も減額しない

という強硬姿勢でした。

 

 

そこで、まずは全額返済できる金額で販売活動を開始しました。

 

 

しかし、前賃借人の使用状況が悪く、お部屋の状態がかなり悪かった

ので、なかなか購入希望者が現れませんでした。

 

 

少しでもよく見えるように青島さんにも掃除等協力をお願いし、さらに

いろいろなルートを使って販売活動を使って販売活動を続けました。

 

 

そして販売活動を開始して2か月が経った頃、ようやく希望額で購入

してくれる方が見つかりました。

 

 

あとは契約と決済を無事に行い、相談から2か月で無事任意売却を

終えることが出来ました。

 

 

青島さんは住宅ローンの残額を全て完済し、管理組合へも全額

請求額を完納できました。

 

管理組合とのトラブルは何といっても早期発見、早期対応が原則です。

 

 

おわり

 

管理費の滞納と任意売却

管理費の滞納に関するQ&A