田畑を相続した場合に気をつけるべきこと(1)

全日本任意売却支援協会の青野です。

 

師走の時期を迎え、皆さんお忙しいと思われます。当協会へもご相談が増えて今年の悩み事を、来年まで持ち越さないためか、ご相談が増えています。

 

今回お話しさせて頂く内容は「相続した土地と家」のお話です。

 

最近、税金の徴収が厳しくなってきているようです。

中でも特に相続税についての徴収が厳しいようです。

 

 

祖父母が亡くなったり、お父さんやお母さんが亡くなったとき、

家だけでなく、田んぼ、畑、山林が相続税の対象になることを

知らない方がたくさんおられます。

 

 

田んぼ相続

 

相続はいくつか種類があり、単純なものでもありません。

(単純承認、限定承認、相続放棄など)

 

 

親族の方が亡くなって、悲しい思いをされている中、

3ヶ月中に相続についての回答をしないといけないのです。

 

 

「相続」そのものを経験する機会は一生に数回あるかないか。

 

知識も情報も限られた中、3ヵ月という期間はあっという間です。

 

その間に、弁護士や税理士の先生にご相談しながら、手探りで

相続の手続きを済ませる方もいれば、専門家に相談することを

たいそうだと思っている方もいらっしゃいます。

 

特に相談もしないまま、自動的に相続していて、ある日突然役所から

相続税の請求書が来て慌てられるケースも見受けられます。

 

特に、こんな場合は注意が必要です。

 

自宅で、田んぼや畑を持っていて、

自分達が食べる分や近所に分ける分として

生産されている方がいらっしゃいます。

 

畑

 

お父さんがお米や、野菜を生産してい商売で出荷していたわけでもないので、

亡くなった後は、田畑をそのままにしておかれる場合があります。

 

そのままにしておくと、雑草も生えてきたり、ゴミなども散乱することから、

砂利を敷き詰めて駐車場として利用したり、他人に貸したりする方もおられます。

 

そこで大変なことになるのです。

 

お父さんが、農業として生産されていたころは

固定資産税の評価も低く、税金もそれほど高くはなかったはずです。

 

しかし、田、畑を本来の使いかた以外に使用した場合、

固定資産税が高くなったり、相続税の対象になる場合があります。

 

 

この続きは次回のブログでお話します。

 

(つづく)

 

<年末年始の営業について>12/29(金)~1/8(月)までお休みさせて頂きます。1/9(火)より営業いたします。


相続トラブル時の任意売却についてはこちら>>

(相続問題はケースが多様です。お気軽にお問合せください)

<相続に関するページ>

両親が滞納した税金ってどうなるの?

<相続に関するQ&A>