老後破綻と住宅ローンそして競売

ono

皆さんこんにちは、
任意売却の専門コンサルタントの小野です。

突然ですが、最近とても多い相談があります。

「60歳で定年退職したが、住宅ローンが払えない。」
「思ったより退職金が出なくて、生活が困難だ。」
「老後70歳代まで住宅ローンを払い続ける自信が無い。」

といった内容です。

これは今、社会問題である「老後破綻」の一部です。

こちらもご覧ください。
先日ご相談に来られた、
横浜市の今村さん(男性、63歳)もそのうちのお一人でした。

今村さんは、3年前に定年を迎えられました。

現在お住まいの家を買ったのは平成10年。

実際、ご相談者の多くは、
バブル後半~崩壊後(平成10年代)の方が非常に多い状況です。

一般の方でも不動産を買うことができるくらい安くなり、
それを期に購入した方々です。

今考えると、その時期の不動産はまだまだ高く、
買い時ではなかったのかもしれません。

実際、今村さんも自宅を査定に出しても、
住宅ローンの残額のほうが多く普通には売却できない状態でした。

足りない住宅ローンの残額は、
ご自分で現金を用意しなくてはならないのです。

しかし、そこまで余裕のある方は多くはありません。

今村さんは、銀行で住宅ローンの見直しや組み換えを相談しましたが、
年齢や収入によっては条件がかなり限られ、組み換えはできませんでした。

ここでもやはり年齢が問われます。

今村さんは定年後アルバイトをしていましたが、生活の足しになる程度。
あとは年金と合わせて夫婦でなんとかやりくりしている状況です。

次第に毎月の住宅ローンの支払いも厳しくなりました。

多くの方が、

1.住宅ローンが払えない

2.売却を検討する

3.売却できない

4.住宅ローンを払い続けるしかない

5.しかし住宅ローンが払えない

6.滞納してしまう

7.競売にかかる

という状況になりご相談に来られます。

今村さんも、住宅ローンの支払いが難しくなり、
どうしたらよいかわからず、全日本任意売却支援協会に相談に来られました。

今村さんの場合だと早い段階でのご相談でしたので、
これから時間をかけて、任意売却を進めていくことになりました。

しかし、競売にかかると時間はかなり限られます。

老後の住宅ローンについて心配の方、
定年が間近になり住宅ローンの支払いが苦しい方。

今一度、状況をしっかりと整理してみてください。

おわり

 

~老後破産(破綻)について~