相続した不動産を売却したいときに立ちはだかる壁

こんにちは。

全日本任意売却支援協会の小野です。

 

住宅ローンが払えなくなったから銀行と相談しましょう

競売に掛かったからそれを回避しましょう

 

「そういう状態の相談の窓口や事例はいっぱいあるのに、

 私の場合の事例はほとんど無かったんです」と、

竹内加奈子さん(仮名)は開口一番、そうおっしゃいました。

 

 

 

状況を詳しく説明しましょう。

 

加奈子さんには15歳年上のご主人がいらっしゃいました。

 

加奈子さんの実家近くに、

マンションを住宅ローンで購入し、

2人のお子さんにも恵まれ、とても幸せな生活をしていました。

 

Print

 

 

ところが、そのご主人が、突如、病気のために亡くなったのです。

 

団体信用生命保険に入っていたため、

住宅ローンの債務はゼロになりました。

 

しかし加奈子さんは、実家に戻ろうと決意しました。

実家では両親も健在で、2人のお子さんの面倒も見てくれるし、

何よりも近くに誰かがいるというのが心強い。

 

住宅ローンの債務の無くなったマンションを売却すれば、

それも生活費の大きな足しになります。

 

いざ、売却しようと思い立ったとき、

ふとマンションの名義がご主人名義だったことに気づいたのです。

 

ネットで調べてみると、

「遺産分割協議」とか「そのままでは売れない」とか「司法書士に相談」とか、

加奈子さんが欲しい答えが全く書いていませんでした。

 

では、手続きを整理して参りましょう。

 

ご主人の相続人は、加奈子さんと、2人のお子さんです。

 

マンションの所有者は奥さんとお子さんの合計3人になります。

 

夫の遺産を分割するため、

遺産分割協議書を作成して、文字通り遺産を3人の者に分割します。

 

ところが、お子さんは2人とも未成年であるため、

遺産分割協議に参加することが出来ません。

 

となると、その未成年者のために、

特別代理人を家庭裁判所に選任してもらう必要があります。

 

特別代理人は、1人に対して1人ずつですから、

お子さんが2人の場合は、2人の代理人が必要となります。

 

特別代理人を立て、遺産分割協議書を作って、

売却のために加奈子さんの名義にしていく必要があります。

 

こう書くと、すごく大変ですが、

実際には司法書士とお話をしながら、

私どもでお手伝いしながら進めていくことになります。

 

加奈子さんは、単純に自分が住んでいたマンションを売却したいだけなのに、

名義がご主人であるがゆえに、途方もない作業が待ち構えているのです。

 

しかし、方法を間違えたり、余計に費用が発生したりしないように、

相続方面の知識に長けた方に相談されることをお勧めします。

 

おわり

 

相続トラブル時の任意売却についてはこちら>>

(相続問題はケースが多様です。お気軽にお問合せください)

 

<相続に関するページ>

両親が滞納した税金ってどうなるの?

 

<相続に関するQ&A>