相続税支払いのためにリースバック

全日本任意売却支援協会の小野です。

先日、税金の差押が入ってしまい、ご自宅をリースバックしたいお客様から

の相談を受けました。差押の理由は、相続税が払えなくなって、ご自宅に

差押が入ったとのことです。

都内に住む、江川直弘さん(仮名)は、先祖代々からの土地を所有しており

ました。直弘さん自身はサラリーマンで、その土地の一画に自分の家を建て

ており、実家とは同じ敷地内にあって、お隣同士という環境でした。

 

5年前に母親が、1年前に父親が、それぞれ亡くなるというご不幸がありま

した。父親からの遺言で、土地と建物は長男である直弘さんが相続すること

になりました。

 

しかし、当然、相続税という重い税負担が直弘さんに請求が来て、一括で

お支払いすることが、どうにも出来なくなってしまいました。役所に事情を

説明しに何度も足を運びましたが、役所は全く耳を傾けてくれず、ついに

ご自宅に差押が入ることとなったのです。

 

江川さんとしては、差押が入ったので、何とかお支払いしたいが、今は

まとまったお金がなくて払えない。ものは払えないので、何とかしない

といけない。しかし、資産はこの土地と建物しかない。そして、お引越し

はしたくない。

 

ということで、リースバックが一番の解決策だろうと、インターネットで

探し当て、全日本任意売却支援協会にお電話を頂いたのです。

 

幸いにして江川さんのご希望を叶えられる投資家さんも現れました。当初、

江川さんが考えていた条件とは少し違いましたが、譲歩してもらいまして、

江川さんも納得の条件でした。

 

『自分の土地ではなくなりましたが、今までのところにそのまま住み続ける

ことができ、税金の差押も支払えて、何とか希望が叶えられた』と、江川さん

はおっしゃっておりました。

 

今回は、相続した土地と建物の件でのご相談でしたが、多くのご相談は、

兄弟や夫婦での持分の売却に関することが多いです。自分のケースは

どうなのだろうと思う方も非常に多いと思いますので、お気軽にご連絡を

頂ければと思います。