リースバックを選択したことによって月々の返済が楽に・・・

全日本任意売却支援協会の小野です。

リースバックで解決された佐藤さん(仮名)の事例をお知らせします。

佐藤さんは埼玉県に住み、居酒屋を営んでおりました。

居酒屋自体は、テナントで借りていて月9万円お支払いしておりました。

豊洲市場から魚を買い付けて、

新鮮な海鮮料理を出すことで名を馳せておりました。

 

私自身も、一度、お店の方に顔を出させてもらいましたが、

常連客がいっぱいで、すごくにぎやかにお店が盛り上がっており、

美味しいお刺身をごちそうして頂きました。

 

しかし、売り上げの波があって、

良い時は良いのですが、お客さんが入らないときは全く入らないそうです。

天候にもかなり左右されるそうで、

雨の日などは、お店を開いていても、お客さんが数えるくらいだとのことです。

お客さんが来ない日が多いと売り上げに響いて、

テナント料をお支払いすることが厳しくなってきました。

 

しかも、佐藤さんご自身は、居酒屋の近くに、マンションを購入し住んでおりました。

お子さんが2人いて、ご家族4人暮らし。

住宅ローンは月々10万円と、管理費・修繕積立金2万円のお支払いをされていらっしゃいました。

テナント料9万円との合計で21万円の月々の固定費が重く圧し掛かりました。

 

住宅ローンはあと5年で終わるのに、手元にキャッシュがない!

この状況を打破するために、

一度、ご自宅を売却して、手元にキャッシュを残して、

それを事業資金に回すというリースバックを選択することにしました。

 

と言うのも、佐藤さんには、

顧客を増やす必殺のV字回復メニューがあり、

今の苦境を乗り切れば、必ず、うまく回るという自信があったからです。

 

しかも、リースバックを選択したところ、月々のお支払いが7万円になりました。

住宅ローンと、管理費・修繕積立金の合計12万円が、

7万円のお支払いに変更となると、

佐藤さんとしても、とても気が楽になりました。

固定資産税もお支払いしなくて良いし、手元にキャッシュが生まれ、

精神的に軽くなったのです

7万円のリースバック費用は、奥さんが働いたパート代でまかなうこととして、

佐藤さん自身はテナント料の9万円だけ気にしていれば良くなりました。

 

そうなると、売り上げの波にも左右されずに、

安定的に支払っていくことが出来るので、

佐藤さんとしても、リースバックという選択が非常に実のあるものとなったのです。

 

終わり