『賃借人が自己破産をしてしまった』②

こんにちは、全日本任意売却支援協会の藤本です。

前回『賃借人が自己破産をしてしまった』①で自己破産されてしまった場合の賃貸

借契約の解除と滞納している滞納分の家賃について少しお話しましたがその続きです。

『賃借人が自己破産をしてしまった』①

では、実際に賃貸借契約が解除できたとして、滞納していた家賃が全額弁済されるのかオーナー

としては心配ですよね。恐らくほぼほぼ全額回収するのは不可能に近いものがあります。

むしろ一部回収できたら御の字かもしれません。

 

回収の方法としては、配当や敷金からの回収、もしくは連帯保証人からの回収が考えられます。

ただし先に述べたように、賃借人に滞納していた家賃よりも多額の債務があると家賃分に配当

される分はかなり少なくなりますし、敷金も多くて2ヶ月分しか預かっていない場合が多いこと

から全額を回収するのは難しいことかと思います。

 

一番可能性が全額を回収できる可能性が高いのは、連帯保証人からの回収です。連帯保証人は、

入居者が家賃を滞納した際に代わりに支払う義務を負っている上、催告・検索の抗弁権を持ちません

また賃借人が滞納している家賃以外にも、原状回復費用なども請求することもできます。

オーナーとしては気後れする方もいるかと思いますが、当然の権利として請求して構いませんので

しっかり請求をしましょう。

 

今回相談を受けた方は幸い資産を売却するような状況には至らず、当協会の提携弁護士の方を紹介して

事を進めて行くことになり、トラブルになることなく終えることが出来るとの相談者さんからご連絡を頂きました。

 

何事も相談するタイミングが早ければ早いほど選択肢の幅が広がります。

今回の事例では当協会が直接お手伝いしたケースではありませんでしたが、

似たようなご状況にある方がいらっしゃったら迷わずご連絡下さい。

[もっと役立つ情報を知りたい方はこちら]